Lebesgue 積分がよくわからなくて困った話を思い出した

この記事は3分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


どのツイートか忘れたが, Twitter で誰かが Lebesgue 積分の話をしていた.
学部 3 年くらいで独学で勉強したのだが (物理学科にも関わらず Lebesgue 積分の講義があったが,
結局身につけるためには自分できちんとフォローしなおさないといけない), そのときに困っていたことを思い出した.
こんなところで困った人がいる, というのを記しておくのも意味があることだろうと思うので, 我が身の恥をさらしておきたい.
ちなみに何故 Lebesgue 積分をやろうと思ったかというと, 量子力学の数学をきちんとやろうと思って,
量子力学の数学的構造を読んだら Lebesgue 積分をきちんと勉強した方がよさそうな印象を受けたからだ.
はっきりと言っておきたいが, Hilbert 空間論を学んだところで量子力学が分かるようになるということはない.
理論面をクリアに理解する上では確かに大事なのだが, それなら線型代数を勉強すれば十分だ.

Lebesgue 積分というか関数解析全体として, はじめは Kolmogorov-Fomin を読んでいた.
安かったし, 洋書を読んでみたいというのがあったからだ.
詳しいことは覚えていないし, 他にも吉田耕作の Functional Analysis を読んで挫折したり色々な経緯を辿りながら,
結局一番きちんと読んだのは伊藤清三の本だった.

今になって思うとかなり間抜けな感じもあるが, この本を読んでいて,
Lebesgue 測度以外での議論がどうなるのかよく分からなかった.
測度を取り替えたときどの議論がどう変わるのか, 本のメインの部分はきちんと使えるのかというのが分からなかった.
こう書いてしまうと当時の自分の疑問をきちんと表現できていないので, 色々アレだが,
色々な測度に変えたときにどうなるのかという部分で色々ともにょっていたのは間違いない.
そこで色々な測度を持ち出して議論するということなので丁度いいかと思って, 確率の本を読んでみた.
これだ.

(確率の本として) いい本なのかどうかは今でもよく分からないが, かなりすっきりした本であることは間違いない.
確率への応用が主眼なので, 位相と測度みたいな話はほとんどない.
単調収束定理に主眼を置いた積分論の構成・展開はなかなかいい.
正直なところ, この本を読んでみても結局のところ当時は疑問が解消されなかった.
実際に使いつつ慣れていくことで, いつの間にか疑問は解消されていた, という感じ.
解消された疑問について分からなかった当時のことを思い出すのはなかなか難しい.
そもそも疑問自体を曖昧で感覚的なレベルに留めていて, はっきりとさせていなかったことが拍車をかける.
何がいいたいのかよく分からなくなってくるが, 要は分からなくてもずっとやっていると自然と疑問が解消されることがあるので,
「この辺が何かよく分からない」というレベルでもいいから, 分からないことがあるということだけきちんと意識して先に進んでしまうことも大事,
というようなことがいいたい.

最後だが, 伊藤清三の本はとてもよい.
Amazon の書評では古臭いとか書かれているが, その部分がよいのだ.
昭和の古い教官が「まあそんなあくせくせずに, お茶でも飲みながらのんびりやってみたらどうですか.
ところで Lebesgue 積分にはこんな素敵な話があるのですよ.
焦って急ぐことはない.
ゆったりやろうじゃありませんか」みたいな感じがある.
また議論自体は非常に丁寧で, これで Lebesgue 積分が分からないなら多分何を読んでも駄目なのではないか感ある.
問題はある意味でその丁寧さで, 上に書いたのんびり部分だ.
そのせいで本題の Lebesgue 積分の定義に辿り着くまでが長い.
ただ, 川又先生の代数多様体論も, 代数多様体の定義に辿り着くまでに 60 ページくらいかかっていた覚えがあるので,
ある程度になると定義するだけでも大変になるのも仕方がないのだが.

ただ, 測度と位相の絡みなど, 古典的な数学の綺麗なよくできた部分が書かれているのが,
正に Lebesgue 積分の定義までが長くなる原因で, そして私が思うよいところになる.
私としてはこの辺の話が好きなので, のんびりやってほしいと思うのだが,
昨今の風潮を見ると数学でまで効率を求める雰囲気があるようだ.
確かに無駄に非効率な勉強をさせるのは最悪でそれは断固として反対したいが,
ここでの「非効率」はむしろそれが美点となるのだ.
逆に最近の本だとあまり触れられていない印象があるので, 余計にそう思う.
数学科の学生くらいはもっとのんびり数学やってほしい.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。