表現論 (文学ではない) と解析学:入門的なアレ

この記事は1分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


解析系の学生が表現論をちょっとやってみたいとかいうので,
いくつかアタックしやすそうなラインを勧めておいた.
この辺だ.

@yukimi_go まずはストーンの定理とか半群理論とかやるといいのでは

@yukimi_go フーリエ解析も表現論なのでその辺からやって行く手もある説

@yukimi_go 色々ありますが, PDF だと http://web.sfc.keio.ac.jp/~kawazoe/SK%20awazoe.pdf
とか http://krishna.th.phy.saitama-u.ac.jp/joe/sotsu/Yoshnaga2009.pdf.
はじめから調和解析と言えばよかった説.
あとこれも参考に http://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/c147f6ab740cf0c0968882d347f3bb0

表現論は私自身もよく知らないのだが,
専門は $C^*$ 環論の表現論と強弁することがある.
また対称群周りの表現論はボソン, フェルミオンとの関係で使うし,
$\mathbb{R}$ のユニタリ表現は時間発展との関係で出てくる.
Lorenz 群や Poincare 群も相対論的場の量子論で使う.
Haar 測度などもまともに勉強したことないが, 勝手に使っている.
どこかで勉強したいとはずっと思っているのだが.

小林, 大島先生のは東大数理でも使うレベルの本格的な本だ.
第一分厚い.

色々書いてあるので眺めていて面白いのは間違いない.
杉浦, 山ノ内本は数学というより物理向けの本だろう.
数学的にきちんとした本だが, 山ノ内先生が物理の人で,
表現論周りのことをしていて物理の人でも読める本を,
ということで書かれた本だった気がする.
読んだことはないのだが, 読んでみたいということで入れておいた.
あとは新井先生の本で, 量子力学,
場の理論周りの話が書いてあるので入れておいた.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。