ymatz さんが『ある数学者の弁明』のフリー翻訳をはじめるらしいので応援するアレ

この記事は1分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


このツイートだ.

今翻訳のページはここになっている.
ページ冒頭から引用.

20 世紀前半のイギリスの数学者 G. H. ハーディ (1877 – 1947) がその晩年に書いた『ある数学者の弁明』という本があります.
すでに出版されている日本語訳もあるのですが, もう著作権保護期間が終わっているようなので, フリーの翻訳をつくりはじめてみました.

数学関係者なら多くの人がこの本を知っているだろう.
もちろん, Hardy は数学者として非常に優秀なので, 実績方面で知っている人も多いはずだ.
それ以外にも優れた著書があり, それを知っている人も多いだろう.
Hardy-Littlewood-Polya の『不等式』などはときどき論文にも引用されているのを見る.

Hardy は Ramanujan を見出した人としても有名だ.
詳しくは Wikipedia を見てみるといいだろう.
英語版はこれで日本語版はこれだ.

いい機会なので, 『ある数学者の弁明』を読んでみたいと思っている.
積読がたまっていく.

追記

翻訳終わったそうなので.
あと Ramanujan (と Hardy) に関する映画,
「奇蹟がくれた数式」というのも 2016-10-22 に全国で公開されていて,
そういう意味でもタイミングいい感がある.

私も頑張らねば.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。