Lieb-Yngvason による The entropy concept for non-equilibrium states が arXiv に出たので読んでみた

この記事は4分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


Lieb-Yngvason のプレプリントが出たのだが,
普通の理論物理の人が「ちょっと衝撃的? 」と言っていたので眺めてみた.
The entropy concept for non-equilibrium states だ.
Lieb-Yngvason がまた何か面白いことをしたようだ.

余計な話もいくつか書くが, 論文紹介というよりも私がこれを読んで思ったことの読書メモみたいな感じで読んで頂ければ, と思う.
それなりに専門的に勉強した人間が何を考えながらどう読む (反応する) のか,
というのを見てみたい向きには面白いのではないかと期待して.

まずアブストラクトを見る.
引用部の訳は意訳の上に適当なので, きちんと原論文にあたってほしい.

P1.

以前の Lieb-Yngvason が論じてきた枠組みで非平衡のエントロピーが特徴付けられた.
今回, 同じ枠組みで, 物理的に望むべき性質を持つ一意的なエントロピーの存在が言えないことが示された.
ただし, 一意性がないだけでそれらしき関数が 2 つ定義できる.

平衡系の熱力学の論文は, 例えば The Physics and Mathematics of the Second Law of Thermodynamics だ.
一意性がないだけで, とりあえずエントロピーは定義できるらしい.
とりあえず本文に入っていこう.

P1.

エントロピーは時間とともに増えていくとされている.
エントロピーは平衡状態では何の問題もなく定義できているが,
宇宙の中にある物質の状態の多くは平衡状態にはない.
非平衡状態に対するエントロピーが何なのか分からければ,
その増大というのもきちんと定量化できない.
非平衡状態のエントロピーの定義もあるが, 色々な問題がある.

当たり前の現状認識から入る.
別件だが, Jaksic-Pillet あたりが非平衡定常状態に対して,
エントロピー生成を証明したという話があった覚えがあるが,
あれは具体的にどういう設定下で何をしたのかよく知らない.
あれと今回の結果, どういう関係にあるのだろう.

P2.

状態の比較時, 化学的な組成は同じ状態を考える.
今回の議論では状態の断熱比較性 (以下比較性という) が大事.
一般には非平衡状態のエントロピーは一意に決まらないが,
\(S_{\pm}\) という 2 つの両極端なエントロピー関数がある.
比較性が成り立つときにはこの 2 つは一致する.
当然非平衡状態での比較性が成立することは極めて非自明であって,
しかも一般には期待できない.

\(S_{\pm}\) が恐ろしく非自明で凄まじい.
あと, 化学的な組成が同じ状態に対する比較性を考えるというの, ここではさらりとしか書いていないがかなり重要だろう.
化学反応が起きる場合, さらに修羅のような状況になるのは簡単に想像がつくし,
そのときは \(S_{\pm}\) のような量が consistent に定義できるのかすら怪しいという印象.
あくまでただの印象だが.
そもそもエントロピーを定義する意味があるか, という問題もあるけれども.

とりあえず 2 章に進む.
これは以前の論文の復習なのでとりあえずさらりと.
興味がある向きで自分できちんと上記平衡系の論文を読もう.

全然関係ないが, 非平衡状態での多体系のエネルギーは相加性を見たすのだろうか.
基底状態に関する相加性については, やはり Lieb が主導している物質の安定性の数理物理でのメイントピックだし, 恐ろしく非自明.
物質の安定性, 関西ぶつりがく徒のつどいとかで話したいがまず勉強が必要な人生だった.
数学の人に話すには量子力学と熱力学の上に物理に興味があるかという部分まで要求することになるので無理っぽい.
基底状態に関する限り, 物質の安定性は (量子) 統計力学というより量子多体系の話なので, 統計力学に頼るという話ではない.
ただ, ミクロなモデルには頼るので今回の話とは別途切り分けるべき話ではある.

また, 相転移を考えなければいけないために起きる, 熱力学の数学的な処理の面倒さと,
面倒さそれ自身が持つ物理的な意味と重要性 (要は相転移) についても書いた方がいい気がしている.

3 章に進む.

P9.

平衡状態と違い, エントロピーで全てが決まるわけではないので非平衡状態のエントロピーを考えても平衡状態ほどの意味はない.
ただし, 平衡状態のエントロピーが持つよい性質を保ちながら, 非平衡状態に対してどのくらいよいエントロピーが定義できるかを考えるのには意味がある.

非平衡状態の空間は, 全ての非平衡状態を含む必要はないことを強調しておく.
これは, 爆弾の爆発のような状況を考えるときにそもそも状態の関数としてエントロピーを考える意味があるか, といった物理的な設定を反映させている.

非平衡状態は時間依存, または環境と完全に切り離せないことにも注意する.

状態空間に reproducible という条件をつけるようだが, 後で出てくるのだろうか.

3.1 節に進む.

P10.

拡大状態空間でも順序の物理的意味は平衡状態と同じとする.

これは物理的に妥当なのかよく分からない.
純粋に数学として議論を進める上では関係ないが, 最後きちんと物理にするためには決定的に重要なところ.
とりあえず先に進む.

N1 で A6 (Stability) を仮定しているが, 非平衡でも成り立つと思っていいのだろうか.
他はとりあえず仮定しておいていいとは思うのだが.
平衡状態に近いところ (非平衡状態の空間をそのくらいに小さめに取る) なら仮定してもよさそうな気はするが, 遠平衡状態 (と私が仮に名付ける) ではどうなのか.

どうでもいいことだが, 数論幾何で遠 Abel 幾何というのがある. 名前しか知らないが Grothendieck が提唱したということだけ知っている.

ふと思ったのでメモしておくと, 公理的場の量子論や代数的場の量子論での「公理」はここで言う「仮定」の意味だ.
「ある仮定のもとで何がどこまで言えるのか」を確かめようという取り組みが公理的場の量子論と言える.

何故こんなことをするかというと, 少なくとも 1950 年代は特に場の理論の散乱がうまく扱えず,
何をどうしたらいいのか全く分かっていなかったという背景がある.
しかも場当たり的な仮定をつけて, その場ではうまくいくが, 別の場合には全く使えないというひどい状況だった.
まずは「この程度は成り立つと思っていいだろう」というラインを決めておいて, そこから導かれる結果を吟味し,
どんな仮定ならば適切かを判断する材料にしようという試みなのだ.

なので, とりあえず仮定しておいて何が出るかを調べよう, という姿勢なら (数学的には) 条件をつけておいても構わない.

P10.

N2:全ての (考察下の) 非平衡状態 \(X\) に対し, 2 つの平衡状態 \(X’\), \(X”\) があって, \(X’ \prec X \prec X”\) が成り立つ.

N2 の意味の説明:訳は省略.

初見では適当に読み飛ばしてしまったが, これはかなり強い意味を持っていた.
物理としては自然な仮定かとは思う.
詳しくは P10 の N2 直下の文参照.

P10.

非平衡状態の空間上で定義される関数で, 平衡状態の空間上, 平衡状態のエントロピーと一致する関数を探そう, というのが基本的な問題となる.

(14), (15) で定義される関数 \(S_{\pm}\) がこう色々と大事.
物理的な意味もある.

P11 の命題 1 に基本的な性質がまとまっている.
あまりきちんと落っていないが, 証明もそれほど難しくなく追えるレベル.

P12 の定理 4 では非平衡エントロピーの一意性に関する同値条件がまとまっている.

3.2 節では温度 \(T_0\) の熱浴を仮定して最大仕事と, 最大仕事からのエントロピーの定義について考えている.

3.3 節に進む.

P15.

定理 4 と非平衡状態空間上の比較原理, つまりエントロピーの一意性は, 全ての非平衡状態はある平衡状態と断熱的同値性と同値になる.
平衡状態に近いところであってもまず期待できない性質であることを見ていく.

P16, 4 章でまとめに入る.

あまり証明をまじめに追っていないが, 数学的には問題ないだろう.
問題は物理への適用だ.
設定した公理 (仮定) がどこまで物理的に真っ当かという議論もある.
統計力学の設定で「追試」するというのも面白そう.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。