背理法と対偶についてふと思ったことをつらつらと書いた

この記事は1分で読めます

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


2013 年の理科大の数学入試問題的なアレでこう色々と話題になった背理法だが,
例のあの HP に書いてあることが寸分の狂いもなく
社会的という訳でもないというのをふと思ったので,
それについて書く.

時々, 対偶を示すべきところで背理法を使って文章を書いている人がいる.
対偶使った方が話の流れとして素直に書きやすくなると思うし,
そもそも議論が見えていないということなので, 意識して直した方がいい.
実際問題, 背理法は結構扱うの難しいときがある.

名古屋の小林亮一先生だかに聞いたところによると,
Poincare 予想の解決で有名な Perelman の論文は
5 段くらいの多段で背理法を使っているそうだ.
何が仮定で何を示したくて何を否定しているのか混乱してきて,
読むのが大変だったという.

あとあまり関係なく例の HP にある $\sqrt{2}$ の無理性証明だが,
あれ, 私にはすごく読みづらいのだが他の人はどう思っているのだろうか.
単に慣れないだけかもしれないのだが,
$\neq$ で式が繋がっていくのがすごく見づらくやりづらい.

特別何かが言いたいというわけではなく,
備忘録的に残しておく感じのアレだった.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. > あとあまり関係なく例の HP にある 2√ の無理性証明だが, あれ, 私にはすごく読みづらいのだが他の人はどう思っているのだろうか. 単に慣れないだけかもしれないのだが, ≠ で式が繋がっていくのがすごく見づらくやりづらい.

     私もアレはアレだと思うのでナニしてみた(//animaleconomicus.blog106.fc2.com/blog-entry-878.html)。
     ソレもアレだという意見は歓迎する。

  2. 証明自体は正しいと思うのですが, 気分的にまだすっきりしていなくて,
    ずっとそのところを考えていました.

    それはそれとして, 細かいところがいくつか気になります.
    >ある, 0 より大きい有理数 $S$ があるとする. (仮定)
    これは仮定ではなく事実でしょう.

    >ある数が 0 より大きい有理数であるとき, その数は一意に素因数分解されて,
    もちろん言いたいことは分かりますが, 有理数に対して
    素因数分解という言葉, 普通は使わないでしょう.

    単純に見慣れない証明だからなのか何なのか分かりませんが,
    異様なくらい気分的にすっきりきません.
    初等的な命題の初等的な証明でここまで腑に落ちないのがすごく面白いので
    もう少し考えてみます.
    コメントありがとうございました.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

はじめまして。相転移Pです。数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。このサイトを見て興味があればぜひご連絡ください。 mail: phasetr@gmail.com LINE: oxg2753d
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。