覚書:Cantor 集合が連続体濃度である証明

この記事は2分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


色々あって, この間 Cantor 集合が話題になった.
連続体濃度を持つというのは知っていたし
3 進展開を使うとうまくいく的なことも知ってはいたが,
証明をきちんと追ったことがなかった.
いい機会なので証明を記録しておきたい.
参考 PDF をもとに証明を書いておこう.

まず Cantor 集合を定義しておく.
\(I = [0, 1]\) としよう.
ここから開区間 \(I_n\) をがんがん抜いていって作る集合が Cantor 集合だ.
この \(I_n\) を定義していく.

\(I_1\) は \(I\) を 3 等分したときの真ん中の (開) 区間 \(I_1 = (1/3, 2/3)\) だ.
\(I_2\) は \(I \setminus I_1\) の 2 つの区間をそれぞれ
3 等分した集合の真ん中の区間の合併となる.
つまり \(I_2 = (1/3^2, 2/3^2) \cup (7/3^2, 8/3^2)\) だ.
これを無限回繰り返すと Cantor 集合 \(C\) になる.
つまり \(C = I \setminus \cup_n I_n\) だ.

性質のその 1: \(C\) の Lebesgue 測度は \(0\) になる

\([0, 1] \setminus C = \cup_n I_n\) の測度が 1 であることを示せばいい.
\(\left| I_n \right| = (1/3) (2/3)^n\) で \(I_n\) が互いに素なので,
これを素直に足し上げて \(\left| I_n \right| = 1\) で終わり.

性質その 2: Cantor 集合は閉で nowhere dense.

nowhere dense の定義は \(\mathrm{Int} \, \overline (C) = \emptyset\).
では証明.

\(C\) が閉なのは自明.
\(C\) が Lebesgue 測度 0 なので, \(C\) は測度正の (開) 区間を含まない.
したがって \(C\) は nowhere dense.

性質その 3: Cantor 集合は非可算集合.

全射 \(f \colon C \to [0, 1]\) を作る.
\(x \in [0, 1]\) を 3 進展開する.
これに合わせて \(1/3 = 0.1\), \(2/3 = 0.2\) と書く.
最初に除いた集合 \(I_1\) は \(0.1\) と \(0.2\) の間にある.
これを繰り返すと \(C\) に現れる数を 3 進展開したときに
1 は決して出てこないことが分かる.

全射を実際に構成しよう.
\(x \in C\) とし, これを 3 進展開したときの 2 を全て \(1\) に変え,
それを 2 進展開に読み替える写像を \(f\) とすればいい.
全射性は自明.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。