Amazon での DVD 出版に関する雑感

この記事は4分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


さわらさんと少し話した内容について折角だから少しまとめておきたい.

先日もブログなり Twitter なりで報告したが, DVD というのはこれだ.

古田先生にお会いしたときにも「 YouTube やニコニコに上げて誰でも見られるような形にしないのか」と言われたのだが, 一応理由はある.
上でも少し書いたことだが, 1 つには Amazon の力を使うこと,
今までアプローチできなかった層にアプローチすることを意識している.

Amazon を使う利点はいくつかあるが, 例えば SEO 効果がある.
Amazon はページランクが高いし,
色々な導線も張りやすく実際にナチュラルなリンクも集まりやすいので検索時に上に来やすい.
ひと目につく可能性が上がるのだ.
また, YouTube などでも「動画のおすすめ」はあるが,
Amazon の場合にも関連商品のお勧めがある.
正直 Youtube で数学の検索をする人間 (日本人?) はあまり多い気がしないのだが,
Amazon で数学関係の検索をする人間ならもっと多いだろう.
その方が引っかかる可能性が高いと踏んだ.
実際にそうなるかは分からないが人柱としてテストをするのは有意義だろう.
そんな感じ.

アプローチできる層も大きく変わる.
根本的なところとして,
ニコニコに出すときにはアイドルマスター枠で出しているので,
アイマスやら何やらのいわゆるオタクまわりの人間が基本的な対象になる.
興味があってもオタク関係のことはちょっと,
という人はやはり見づらいだろう.
作る側としても視聴者層を絞り込んで作ってオタッキーな記述を増やして作るので,
そういう意味でも非オタ,
特に非アイマス民が内容を理解するのには多少のハードルがあるといってもいい.

今回 Amazon で作ったが実写にした.
アイマスの動画は見なくても Amazon で販売されている実写の DVD を見る (買う) 人ならいるだろう.
その辺を狙った.
うまくいくかは分からないのでとりあえず実験だ.
技術的に追いつかないということもあるが,
内容的にももっと簡単にするなりうねうねアニメーションを使うなりという「配慮」をすると,
また違った層にもアプローチできるのだろうが,
そういうことはしていない.
(今回の話の内容に関しては) そういうのはむしろ邪魔であって淡々と数学と対面させろと思うような層に向けて作っている.
ときどき言っているが,
私が究極的に唯一人意識するユーザは「子供の頃の自分」であって,
子供の頃の自分が喜ぶかどうかを考えて作っている.
こういう作り方をしても 100 人くらいは興味を持つ内容になることも学生の頃の実体験とニコニコでの実験によって分かっている.
「子供の頃の自分」に向けて作ればこの 100 人の心には響く.
ここで「 100 人」と書いたが, 文字通りの「 100 人」ではない.
大勢ではないが, 確実に一部マニアの心は捉える, という意味だ.
別のラインの今までにアプローチできなかったところの新たな「100 人」にアプローチできると思っている.
正確にはその推測が正しいかの実験をしている.

またニコマス理工系の Skype でコミケには出さないのかという話もしたのだが,
そのとき, ニコニコ・コミケのようなオタク以外の層に対して何かしてみたいという話をした.
大して変わらないというかコミケの方がむしろ響きがいいのではないの,
と言うコメントをもらったのだが,
その辺は実験であり人柱というやつだ.
一応, Amazon の方が多少なりとも広い層に訴えられると思っている.

広いところに出したいのも理由があって,
他にも何か作ってくれる人を増やしたいからだ.
オタ界隈だと皆がやっているし自分も, というアレが結構あるが,
数学やら物理やらの話だとあまりいない気がする.
ブログはそれなりにあるがあれだけだとやはり幅がない.
かといって Web 上だときちんとアニメーションを,
みたいな話になりそうだが,
それはそれでプログラミングがどうの,
という話になると思うしそれはそれでまたそれなりの手間がかかる.
そこで別のやり方を提示したい, とか何かそんな感じ.
「自分だったらもっとうまく・面白くできる」という人にもっと乗り込んできてもらって無茶苦茶やってもらいたい.

色々書いている内にまとまりもなくなってきた気がするが,
とりあえず自分用メモということもあるしいいだろう.
ちょくマガでやっているヤバ研 などもあるが, とにかく色々な人が色々なことをやってどんどん失敗して血の池地獄を作り,
最後に池のほとりでひっそりと美しい花が咲けばいい.
まずは血の池地獄を作ろう.
話はそれからだ.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。