科学者・研究者はもっと学問に血と汗と涙とあと命と正気を捧げてほしい

この記事は1分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


nennpa さんが呟いていたので.

「「科学をやってる俺は偉い、外側で解説してるだけの奴に言われたくない」って、無意識に思ってしまってないですか?」ですねえ。 マスコミの人を侮るの良くない。 彼らには彼らの仕事がある。 /和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか http://www.chem-station.com/blog/2014/02/post-596.html#.Uu9Z4XZTve5.twitter

私に関していうなら, 科学 (よりよくは数学) をやっている人間は偉いと思っているが, 科学者・研究者は科学のために生き科学のために死んでほしいと思っているし, 真っ当な人生などさっさと諦めて科学に身も心も捧げてほしいと心から思っている. 大した業績を上げてもいない人間はとくに命を削って (大して役に立ちも面白くもない) 論文を書き上げて査読を通したタイミングで死ぬくらいの感じで研究してほしい.
もっと科学に全てを捧げてほしい.
それはそれとして, 報道体制が気に入らないなら大学に関しても人文・社会, または知人の伝手や適宜学会の (適当な意味での) 権威なども辿りまくって自分達でできる範囲ででも何かしたらいいと思うのだが, 何かしないのだろうか. 研究や適当な雑用で忙しいとかいうのかもしれないが, どうせ大した業績も上げられない人間が大半なのだし, 雑用はともかく研究で忙しいという言い訳はどこまで適切なのだろうと思ったりもする方の市民だった.
私は私で市民なので思うがままに何かやる.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • zyxkky
    • 2017年 6月25日

    本題には関係ないのですが,どうしても気になったので,失礼します.
    研究者にだって色んな人がいて,いろんな価値観を持っていて,その人の人生があります.
    その人なりの科学への貢献の仕方だって,さまざまです.
    市民さんはこの基本的事実を忘れてると思う.
    研究対象のことだけを四六時中考えてなきゃ研究者じゃない,って思っていませんか?
    例えば学会コミュニティの運営(具体的には,学会の開催,論文誌の編集,査読,懇親会の開催,・・・)
    に携わるのだって科学者・研究者としての貢献ですよ.

    それに他人の業績を適切に評価できるなんて幻想です.
    もちろん,自分が誰かの論文読んで,理解して,これは大したことないって批判することはできます.
    それがたまたま自分の身の回りの人の評価と一致することもあると思います.
    でも,自分が知らない分野の業績はどうですか?
    賞をもらってる論文だから,大したことある業績ですか?
    それって権威主義的だけれど,でも本当に根拠ありますか?

    あるコミュニティで激賞されている成果が,同じ分野の他のコミュニティ(海外とか)で同じように
    激賞されているかというとそうでもないんですよ.
    研究の評価って,結構,所属するコミュニティの価値観によって評価が違うものだと思います.
    (実際,このこと自体が社会科学・人文科学的な研究で,誰かがやっていた気がします)
    もっというと,時代によって研究の評価が変わるなんていうのは,数学の歴史をみれば明らかじゃありませんか.

      • phasetr
      • 2017年 6月26日

      どう考えても異常な要求だという認識のもとで書いたので、それはそうですね、という感じです。

      何となくコメントしておくと、コミュニティによる評価については、私の専門の数理物理に関して「数理物理の物理への寄与は任意の正の数 $\varepsilon$ より小さい」とよく言われていますし、まあそうですよね、という感じです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。