江沢洋先生の戦慄すべきエピソード: 江沢先生の先生に出会った方の話, そして関連する Connes だか Barry Simon の凶悪なエピソード

この記事は2分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


先日の学習院での江沢先生の講演時に話題になった「江沢先生の先生の話」のブログ記事的なアレだ.

江沢先生の先生に遭遇 : Hard To Make A Stand – 磁性研究者の研究日誌 –
http://j.mp/1knPmw6

少しと言っても大部分になってしまったが引用しておこう.

今日研究室に向かう途中, 電車の中で cond-mat に出ていた論文を読んでいたら,
隣の席に座っていたおじいさんから「量子力学の勉強ですか? 」と声をかけられました.
なんか感じが良さそうなおじいさんだったので, 僕が磁性の研究をしている事や,
今大学院生である事, そのおじいさんが昔高校の化学の先生だった事等, ぼちぼちと雑談しました.

するとそのおじいさんが,
「僕の教え子に, 今学習院大学で物理の名誉教授をやってる江沢洋というものがいましてね」と, 昔話をしてくれました.
この江沢洋という人は物理の量子力学や電磁気学の教科書で有名な先生で, 僕も学部時代はその人の本を買って勉強した事がある人でした.

そのおじいさんが大学を卒業して高校に赴任した時, 最初に持った学年に江沢洋さんがいたそうです.
授業中でもやたらと高度な内容の質問をぶつけてきて, 先生を困らせたそうです.
といっても意地悪な質問ではなく, 純粋に核心をついた質問をする生徒だったそうです.

あるとき自由研究か何かで, 当時高校生の江沢さんが「原子の構造について」というレポートを書いて持ってきた事があるそうです.
その完成度があまりに高かったので, 当時の江沢青年に 5 コマ分だけ授業時間を与えて, その内容についての授業をやらせたそうです.
秀才だったけど, 休み時間とかはよく騒いでいた明るい学生だったそうです.

確か Connes だった気がするが,
Connes は講義中に凶悪な質問をするので有名だったらしい.
引っ掛けのような質問をして
「そうですね. そうでないとこんな反例がありますから. 」
みたいなことを言っていたとか何とか誰かに聞いた.

竹崎先生だったか富山先生だったか.
それとも何かの本とかウェブページだった気もする.
凶悪なのは Barry Simon だったか?

よく覚えていないが凶悪な人間もいたものだ, と思ったことをふと想起したので.

追記


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。