ページ紹介: 色覚の多様性と色覚バリアフリーなプレゼンテーション

この記事は2分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


これ, この間かもさんに教えて頂いたページだったが
いまだにきちんと全て読み込んでいない.
きちんと読んで勉強しておきたい.

これも参考にしたい.
もういっちょこんなのも.

このページは「色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法」に関する話が書かれている.
執筆者自体が強度第 1 色盲の
東京慈恵会医科大学解剖学講座の岡部正隆さん,
東京大学分子細胞生物学研究所の伊藤啓さんだ.
(ページにそう書いてある.)

強度第 1 色盲がよくわからない.
次のページの次の記述のことでいいのだろうか.

  • http://www.wakaba-hp.or.jp/menoitiran/sikkaku.html

1色型色覚は、いわゆる全色盲といわれ、色に対する感覚がまったくなく、モノクロ写真のように全てが灰色に見えてしまいます。この場合は視力も非常に悪く、きわめてまれな病気です。

世の中, 本当に知らないことばかりだ.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。