大学受験勉強法 こんな失敗をしてはいけない: 私の受験失敗談その 1

この記事は3分で読めます

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


このブログ・記事では大学受験・大人の学び直し支援に関するサービスを展開しています.
ここでは特に独学の支援に力を注いでいます.
メインページ には関連資料・ページ一覧・まとめがあります.

特色は, 大学受験だけに通用する方法ではなく,
大学での学業, 大学院での研究,
さらには社会人になりビジネスをするときにまで
応用していくことができる学習法・勉強法を説明していることです.
これは普遍的で強力な勉強法であり,
小中高校生, 大学生, 大学院生, ビジネスマン,
どの段階のどの学習でも役立つ内容です.

大学受験勉強法 こんな失敗をしてはいけない: 私の受験失敗談その 1

「E 判定や D 判定から受かる」だとか
「勉強していなかった人が逆転合格」みたいな話はよく見かけるのに,
「A 判定だったのに落ちた」とか
「きちんと勉強していたのに A 判定から逆転落第」みたいな話が見当たらないので,
自分の事例を紹介することにしました.

まず覚えている範囲で
私の受験生時代の成績や勉強法を書いておきます.
今回は準備として高 2 までの記録で,
ここまでは (今から見て) 良いとは言えなくても悪くはない勉強法でした.

私は一浪の末, 早稲田の物理学科に進学し,
修士では東大の数学科に進学しました.
こういうと物理や数学が得意と思われるかもしれませんが,
受験生のときは数学が一番, その次の物理が苦手でした.
純粋に大学でやりたいことで学部・学科を選んだのです.
もはや模試の成績などは覚えていないのですが,
高 3 のときにやっていた
Z 会の東大コースでの偏差値は何故か覚えているので,
それを紹介します.

科目 偏差値 (だいたい)
国語 60
数学 42
英語 57
物理 48
化学 60

こんな無茶苦茶な成績でした.
受験での得点源が国語と化学なので得点源を受験に使おうと思うと,
2 次で国語と化学を使える国公立,
私立でも理科 2 科目使える難関大しかなく,
志望校は選ぶまでもないという感じがありました.
もちろん 大学受験総合ページ にある勉強法まとめにも
書いた通り, そうしたクラスの大学がはじめから志望校ではあったのですが.

ちなみに数学は一番好きなのに一番苦手な科目という位置づけでした.
中 3 で白血病になり, 高校に入ったらきちんと勉強しようと誓ったので,
高校入学直後に先生から言われた「学年+2 時間は毎日家庭学習しなさい」という
メッセージを真剣に受け取り,
本当に毎日学年+2 時間以上勉強し,
試験前以外はほぼ全て数学に費していたというのに
上のような成績を取る体たらくでした.

高校 2 年までの勉強法としては,
高校で全員購入の参考書『シグマベスト』をひたすらにやり続けるというスタイルでした1.
毎日毎日, 飽きもせず何度も繰り返し復習しました.
この勉強のおかげだと思っていますが,
一浪時, 代ゼミの私大模試で満点を取ったことがあります.

今から思っても, 標準レベルの問題は満点取れるレベルで
きちんとできていたのに, 早慶, さらには東大京大クラスの問題に
手も足も出なかったのはそのレベルの問題の復習不足としか思えません.

また, 中学の頃は雲の上の存在と思っていた
東大や早慶を本当に志望校にしようと思ったのは,
高校 1 年のときに試しに受けてみた代ゼミの模試で,
想像以上にいいところに食い込んだことにはじまります.
具体的な成績や偏差値は覚えていませんが,
成績のトップに開成や灘がいる中, そこまで大きな距離は感じなかったので,
「もしかしたら自分もいけるのでは?」と思ったのです.

高校 2 年でもいくつか模試を受けてみたのですが,
そのくらいだと標準的なことを理解しているかどうかが問われる模試です.
標準的なことを馬鹿みたいに繰り返しやっていたので,
ちょうど問われているレベルに合っていて割といい成績が取れたのです.
「これなら目指せば本当に東大に行けるはずだ」と思い,
高 2 の秋-冬時点で本格的に東大志望になりました.

また, 私は白血病治療のために留年していて高校 1 年を 2 回やっています.
1 回目の高校 1 年のときのクラスメイトともずっと仲がよく,
一緒に古文の勉強をしていたりもしたのですが,
その彼らが早稲田・慶應に現役で進学したので,
少なくとも早慶なら夢ではないと思えたのも大きいです.

今回のまとめ

高 2 までは毎日「学年+2 時間」以上の勉強をし,
その時間はほぼ全て数学にあてていて,
数学は学校で全員購入の『シグマベスト』を使っていました.
一浪時の話ではありますが代ゼミの私大模試では
数学で満点を取れるくらいに標準的な内容は身についていましたが,
早慶・東大京大レベルの問題には手も足も出ませんでした.
結果から言えば, 現役のときは早稲田・東大両方に落ちて,
一浪時も早慶理科大は受かったもののやはり東大には落ちました.

次は高 3 のときの話をします.
ここからは完全に駄目な勉強法の話です.

脚注:

1

シグマベストをお勧めしているわけではありません.
人ごとに向き不向きはあるにせよ, いい本・定評ある本はありますが,
必ずしもそうではない学校で買った教材でも,
とにかくきちんと本をやり込む,
やり切ることが大事ということをお伝えするために書名を出しています.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

はじめまして。相転移Pです。数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。このサイトを見て興味があればぜひご連絡ください。 mail: phasetr@gmail.com LINE: oxg2753d
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。