大学受験勉強法 英語編 英熟語・英語構文学習法

この記事は2分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


このブログ・記事では大学受験・大人の学び直し支援に関するサービスを展開しています.
ここでは特に自学自習・独学の支援に力を注いでいます.

勉強法として自学自習・独学・脳内授業をお勧めしています.
また見ていない方は次のページや
Kindle にまとめた書籍を参考にしてください.

特色は, 大学受験だけに通用する方法ではなく,
大学での学業, 大学院での研究,
さらには社会人になりビジネスをするときにまで
応用していくことができる学習法・勉強法を説明していることです.
これは普遍的で強力な勉強法であり,
小中高校生, 大学生, 大学院生, ビジネスマン,
どの段階のどの学習でも役立つ内容です.

大学受験に限らず何か聞きたいことがあれば

このページを参考に気軽に質問してください.

必要な情報がなく, 適切なアドバイスができないことが多いためです.

リンク先のページには LINE・メールの連絡先も書いてあります.

大学受験勉強法 英語編 英熟語・英語構文学習法

まっさらなところから始めないといけない英単語と違い,
英熟語はある英単語が基礎になって to や for の前置詞がペアになった形も多いです.
こういう場合は英単語を覚えていればほぼ事足ります.

【in spite of にもかかわらず】のように単独では滅多に出てこない
spite と前置詞のペアで意味が全く想像できない英熟語,
【get rid of 取り除く】のように単独ではあまり出てこない
rid の意味を引いている英熟語,
【give rise to 生む】【get to V, V するようになる】のように
ちょっとひねくれていて別物として覚えた方が早そうな英熟語に集中して構いません.

そのとき, ついでに前置詞のイメージづくりもしておくと役に立ちます.
例えば【exchange A for B, A を B と交換する】について言うと,
【for】には交換の意味があることをついでに覚えると役に立ちます.
【for】には【~ のために】という意味のイメージがあるかもしれませんが,
この【交換】というのは【for】にとって大事なイメージです.

構文は標準的な問題集を 1 冊仕上げるのが早いです.
英単語学習のところで説明したように学習目的にもよりますが,
英熟語帳の中に構文が入っていることも多いです.
そちらで身につけたことはばんばん飛ばして
効率・スピードをあげるようにしてください.

下線部和訳に代表される和訳の問題では
構文の理解が鍵になることが多いです.
当然, 一文一文が読めないと長文読解するときにも影響が出ます.
文の構成要素である構文もきちんと覚えてください.

前置詞については次の記事で説明します.

最後に: 気軽に質問してください

大学受験に限らず何か聞きたいことがあれば
このページを参考に気軽に質問してください.
必要な情報がなく, 適切なアドバイスができないことが多いためです.
リンク先のページには LINE・メールの連絡先も書いてあります.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。