大学受験勉強法 お子さんの自立に向けて: 夏休みの親子コミュニケーション

この記事は4分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


このブログ・記事では大学受験・大人の学び直し支援に関するサービスを展開しています.
私自身白血病で体力がなく, 治療で家計が圧迫されていて
塾・予備校・オンラインスクール・通信教育といった
教育サービスが受けづらい状況にあったことを考え,
そうした方でも無理なく勉強でき, 一流の教育が受けられるように
することを目指し, ここでは特に自学自習・独学の支援に力を注いでいます.

勉強法として自学自習・独学・脳内授業をお勧めしています.
また見ていない方は次のページや
Kindle にまとめた書籍を参考にしてください.

特色は, 大学受験だけに通用する方法ではなく,
大学での学業, 大学院での研究,
さらには社会人になりビジネスをするときにまで
応用していくことができる学習法・勉強法を説明していることです.
これは普遍的で強力な勉強法であり,
小中高校生, 大学生, 大学院生, ビジネスマン,
どの段階のどの学習でも役立つ内容です.

大学受験勉強法 お子さんの自立に向けて: 夏休みの親子コミュニケーション

特に遠方の大学を志し,
一人暮らしをはじめなければいけないお子さんの場合,
嫌でも精神的に自立してもらわなければ困ります.

そうはいっても人はいきなり変わるのも難しいです.
少しずつ, 段階的に成長しきます.
夏休みも使って地道にやっていきましょう.

ただでさえコミュニケーションをとるのが難しい年頃なのに,
受験のストレスでとげとげしくなってもいます.

比較的時間がある夏休みこそ
将来のこと, 普段の生活,
普段どんな困っていてどんなサポートがほしいのか,
お子さんとじっくり話をするいい機会です.

夏休みの過ごし方を親子で話し合う

気分が開放的になる夏休みは,
親・保護者の方々の願いとは裏腹に生活が乱れがちになります.

ゲームやスマートフォンでついつい夜更かしをしては
朝は毎日遅くまで布団の中,
そんなことも珍しくないかもしれません.

気付いたら夏休みはだらけ切ったまま終了.
これまでの夏休みの二の舞になってしまった.

こんな後悔をしないためには,
親子で夏休みの過ごし方を
話し合っておくことが大切です.

特に起床時間, 学習計画, 帰宅時間, 就寝時間など,
生活習慣を乱さないための
最低限のことについて話し合っておきましょう.

しかし相手は思春期・反抗期真っただ中.

「話し合おうと思ってもずっと不機嫌」
「何を言っても反抗ばかり」

冷静に話し合えないと
お悩みの保護者の方も多いです.

そこでお子さんとどう接すればよいかを
考えていきましょう.

「自分で決めた」という実感を持たせる

この時期になると少しずつ
自分のことを客観的に見ることができるようになり,
「親に頼らずに自分の力で歩いていきたい」という
気持ちも強くなっていきます.

順調に大人への一歩を進んでいる
証拠でもあります.

その反面まだ精神的に子どもの部分は残っていて,
親に甘えたい気持ちもあります.

ここで大切なのは,
お子さんを一人の人間として,
お互いの個性を認め合うように
少しずつ関係を見直していくことです。

親子の時間が多い夏休みは今までの関係を見直すいい機会です.
夏休みの過ごし方を考えるときにも
否定したり批判的な言葉を言わず,
まずは聞き手に徹しましょう.

夏休みはどうやって過ごす?

こう聞くことで
お子さんの考えを引き出します.

その上で先輩の 1 意見として
親・保護者の方の考えを見せます.

私はこう思う.
こんなやり方もある.

最終的にはお子さん自身に
夏休みの過ごし方を決めてもらいましょう.

「言われたからやる」ではなく,
「自分で選んだ」「自分で決めた」という実感を持たせるのです.

大学受験では自分で決めた志望校合格に向けて
自分の状態を自分で判断し,
いつまでに何をどこまですべきかを自分で決めて
実践していく必要があります.

夏までにペースが作れなくても,
夏の長い休みをうまく使ってペースを作ればいいのです.

また夏までがよくても,
夏にだらけてしまったのでは意味がありません.

特に 1 人暮らしをする予定のお子さんは,
一年中夏休みのようなものです.
自律的に生きていくために,
今から準備をしてもらえれば
親・保護者としても安心です.

  • 「応援してるからね」
  • 「困ったことがあったらいつでも言って」

こんなふうに
サポートするつもりがあることを
伝えてあげるのも大切です.

オープンキャンパスへの参加

せっかくの長い夏で時間もあるので,
できるなら志望校のオープンキャンパスに
積極的に参加するよう促すのも手です.

私の場合, 歩いていける距離に
第一志望の東大があり,
放課後に自転車で立ち寄っては
「ここで勉強したい」とモチベーションを上げていました.

特に遠方の場合, そうそう行ける機会はありません.
近場にあるホテルやそこからの行き方など,
事前の下見にもなります.

憧れの大学に触れた実感で
お子さんのやる気も上がります.

金銭的な負担もありますが,
できるのなら積極的な参加を勧めます.

また勉強で頭がいっぱいのお子さんの代わりに
志望校のオープンキャンパス日程を調べ伝えることで,
お子さんを応援する姿勢を実際に見せることも大切です.

ただ「受験勉強しなさい!」というのではなく,
お子さんが自分でやる気を高め,
「自分自身の目標を達成したい」
「勉強したい」と自然と思えるように
導いてあげてください.

受験勉強に疲れていそうなときは
要望を聞いてあげ, 外食に連れ出すなど,
息抜きに関しても協力することも大切です.

日本史や世界史ではいろいろな史料もあります.
博物館で実物を見ることで親しみが湧けば
暗記の役に立つだけでなく,
学んでいることが現実と関係していることがわかり,
そこでも勉強のモチベーションになります.

歴史の史料は一級品として残っているものも多く,
素晴らしい文化に触れることで
人間としての成長も促せます.

夏バテをしないよう,
体調管理にも気を配ってあげましょう.
体調を崩しやすい冬本番に向けて,
家族での意識合わせの予行演習にもなります.

こうした陰ながらのサポートが
親子の信頼関係につながっていきます.

最後に: 気軽に質問してください

大学受験に限らず何か聞きたいことがあれば
このページを参考に気軽に質問してください.
必要な情報がなく, 適切なアドバイスができないことが多いためです.
リンク先のページには LINE・メールの連絡先も書いてあります.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 08.06

    YouTube 動画

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。