大学受験勉強法 英語編 ツッコミを入れながら読んでいけ! 英文速読法

この記事は5分で読めます

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

このブログ・記事では大学受験・大人の学び直し支援に関するサービスを展開しています.
私自身白血病で体力がなく, 治療で家計が圧迫されていて
塾・予備校・オンラインスクール・通信教育といった
教育サービスが受けづらい状況にあったことを考え,
そうした方でも無理なく勉強でき, 一流の教育が受けられるように
することを目指し, ここでは特に自学自習・独学の支援に力を注いでいます.

勉強法として自学自習・独学・脳内授業をお勧めしています.
また見ていない方は次のページや
Kindle にまとめた書籍を参考にしてください.

特色は, 大学受験だけに通用する方法ではなく,
大学での学業, 大学院での研究,
さらには社会人になりビジネスをするときにまで
応用していくことができる学習法・勉強法を説明していることです.
これは普遍的で強力な勉強法であり,
小中高校生, 大学生, 大学院生, ビジネスマン,
どの段階のどの学習でも役立つ内容です.

大学受験勉強法 英語編 ツッコミを入れながら読んでいけ! 英文速読法

慶應の SFC を筆頭に超長文を出してくる大学があります.
解答時間と, それに対する文章量では
センターもなめてはいけません.

もちろん, 英文解釈力を上げて
1 文 1 文をきちんと読めるようにするのが
大前提です.

しかしそれがある程度のレベルになったら,
英文を読むスピードにも気をつける必要があります.

ここではその練習方法を紹介します.

今回の概要です.

  • 方法の基本: 小さな集まりに分解する
  • 文章を読むのが遅い原因は英語の構造を壊して読もうとするから
  • 英文の構造: 【ツッコミ】を前提にして読んでいく
  • 英文速読術としてのパラグラフリーディング
  • 小論文対策, 現代文・古文・漢文対策にもなる!

方法の基本: 小さな集まりに分解する

まず結論から.

英文を小さい構造にわけて,
部分ごとに理解していきましょう.

英語ではとにかく大事なことを
先に言うようにしています.
そして動詞を前に出します.

例えば次の文章.

Emmy proposed the following strategy to attack the inverse problem.

これを次のように適当な塊に区切っていきます.

  • Emmy proposed / the following strategy / to attack the inverse problem.
  • Emmy proposed / the following strategy / to attack / the inverse problem.

つまり

  • エミーが何か言った (提案した).
  • 次のような戦略を.
  • それは逆問題を攻略するための戦略だ.

これを【ツッコミ】の連続という形で理解していきます.

  • エミーが提案した.
    • 何を提案したの? -> 目的語を見る.
  • 次のような戦略だ.
    • どんな戦略? 何に対する戦略? -> to 不定詞による修飾を見る.
  • 逆問題に対する戦略だ.
    • 具体的にはどんな方法? -> 次の文で説明する.

こういう【ツッコミ】形式で読んでいきます.
英語を聞くときも同じです.

英語の構造自体がそうなっているのだから,
それに合わせて読みましょう,
そういうメッセージでもあります.

文章を読むのが遅い原因は英語の構造を壊して読もうとするから

よく次のように言われます.

  • いちいち返り読みしているから.
  • 英語を日本語に訳しているから.

【英語を英語のまま理解せよ】とよく言われます.
これは【翻訳せずに読む】とかそういうことではありません.

英語の構造に沿って理解せよということです.
これが上で説明したことです.

つまり次の構造であり順番に沿って読むことです.

  • 核となる情報, 【誰がどうした】を伝える.
  • 少しずつ詳しく細かく説明していく.

英文の構造: 【ツッコミ】を前提にして読んでいく

英語の文章構造そのものについて
理解を深めましょう.
この文章構造の理解それじたいが
練習方法そのものです.

くり返ししますが,
英語はとにかく聞いている人の
脳内突っ込みや,
漫才のようなかけあいを前提に文を作ります.

He has many tasks to do today.

これは次のように読んでいくべきなのです.

  • 彼はなにか持っている.
    • なにを持ってるの?
  • 課題がたくさんあるんだ.
    • どんな課題なの?
  • 今日やらないといけないんだ.
    • 何の課題なの?
    • 何で今日までなの?
    • 期限伸ばせないの?
    • 手伝えってこと?
    • etc…

形式主語の it を使う理由もこれです.
とにかく先に【何か・誰かが何をする】,
この基本情報を伝えたいと思うのが英語です.

例えば次の文章.

It’s a great pity to hear that Iain Banks has died.

こう読んでいくべきなのです.

  • とても残念だ.
    • 何で残念なの?
    • 何があったの?
  • あることを聞いてしまったんだ.
    • 何を聞いたの?
  • イアン・バンクスが亡くなったんだ.

まず【残念だ】と伝えたいわけです.

本来は to hear 以下の名詞節が主語ですが,
長くなると中心となる【誰がどうした】が
伝わりづらくなります.

だから形式主語で主語を後ろ回しにして
【とにかく残念だ】とまず伝えるわけです.

動詞を先に出すようにするというのは
日本語で動詞が最後に来るのと対照的です.
特に注意しましょう.

英文速読術としてのパラグラフリーディング

英文速読法はいくつかあります.
その中で超長文対策として
パラグラフリーディングと呼ばれる手法があります.

これは既に説明した英文の構造が,
文章全体にも適用されていることを使う手法です.

とにかく大事なことを先に言う言語なので,
文章の順番もそうなっています.

  • 結論はこうだ.
  • (一番大事な) 理由はこれだ.
  • この理由が何故正しいのか説明する.
  • わかりづらい人は, こんな具体例を考えてほしい.
  • 他にもこんな理由がある.
  • etc…

当然これにもこうツッコミを入れていきます.

  • 結論はこうだ.
    • 何で?
  • (一番大事な) 理由はこれだ.
    • その理由は納得できないから説明して.
  • この理由が何故正しいのか説明する.
    • なんとなくはわかったけど, ピンと来ない.
  • わかりづらい人は, こんな具体例を考えてほしい.
    • ああ, そういうのと同じなのか.
  • 他にもこんな理由がある.
    • そんな理由もあるのか.
  • etc…

また 1 段落には 1 トピックしか
入れてはいけないという原則もあります.
さらに文章全体だけではなく,
段落の中にも同じ構造を使います.

それを前提にすると
段落はこういう形になっています.

  • この段落では 1 番目の理由を説明する.
    • どんな理由だろう?
    • 1 番目ってことは 1 番大事な理由?
    • それとも 1 番理解しやすい理由?
  • 実は従来の説は間違っているからだ.
    • 従来の説って何?
    • 何が間違っているの?

【飛ばして読めるところを飛ばす】速読法もありますが,
これは次のようなツッコミを入れているからです.

  • この段落では具体例を説明する.
    • わからない人向けに具体的に説明するところね.
    • さっきの説明でわかってるし, この段落飛ばしていいな.

小論文対策, 現代文・古文・漢文対策にもなる!

ついでにいうと数学の対策にもなります.
数学から言うと, 部分点を稼ぐ方法です.

次のような有名な噂話があります.

ある大学で出題された問題が非常に難しく,
白紙答案が多かった.
その中で【数学的帰納法で証明する】とだけ
書かれた答案があり,
これに部分点が 30 点満点中で 10 点ついた.

どこまで本当かはわかりませんし,
受験生がどこまでわかっていたかも不明ですが,
上の英語の構造に沿って考えると自然なことです.

まず【自分はこうやって証明する】と宣言するのです.
採点者も答案を全部見る前に
【この学生はこうやって示していくつもりか】と
わかるので, 概要が掴みやすくなります.
心象がいいですね.

先に何をするつもりか言っておけば,
それを元に本当に部分点がもらえることもあります.

こういう形で英語の勉強が数学にも活きてきます.

もちろん文章読解に関する話なので
国語にも活きます.

また今まで意識したことがないかもしれませんが,
読むことと書くことは表裏一体です.

こういう文章の構造だと
読んでいてわかりやすいな,
そう思ったら自分で書くときにも
同じ文章の構造を使えばいいのです.

そして著者は実際にそうやって文章を書いています.
要は文章のお作法なのです.

きちんと小論文の訓練をすれば,
読むスピードや精度も格段に上がります.

逆に言うならこのくらい考えて
速読練習しないと効果が出ません.

他にも細々とした注意はありますが,
基本は全て【ツッコミ】しながら読んでいく,
この 1 つです.

【ツッコミ】しながら
読めるようになっているのが英文です.

これを意識して英文を読むようにしてください.

最後に: 気軽に質問してください

大学受験に限らず何か聞きたいことがあれば
このページを参考に気軽に質問してください.
必要な情報がなく, 適切なアドバイスができないことが多いためです.
リンク先のページには LINE・メールの連絡先も書いてあります.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

はじめまして。相転移Pです。数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。このサイトを見て興味があればぜひご連絡ください。 mail: phasetr@gmail.com LINE: oxg2753d
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現代数学観光ツアー

神秘的な自然現象など冒険心をくすぐる数学世界を堪能してみませんか?
現代数学観光ツアーと称して無料の通信講座形式であなたを数学の名所に案内していきます.
ご興味のある方はぜひこちらからご登録ください!

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。