大学受験勉強法 英語編 リスニング攻略に欠かせない 4 つの特訓法

この記事は5分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


このブログ・記事では大学受験・大人の学び直し支援に関するサービスを展開しています.
私自身白血病で体力がなく, 治療で家計が圧迫されていて
塾・予備校・オンラインスクール・通信教育といった
教育サービスが受けづらい状況にあったことを考え,
そうした方でも無理なく勉強でき, 一流の教育が受けられるように
することを目指し, ここでは特に自学自習・独学の支援に力を注いでいます.

勉強法として自学自習・独学・脳内授業をお勧めしています.
また見ていない方は次のページや
Kindle にまとめた書籍を参考にしてください.

特色は, 大学受験だけに通用する方法ではなく,
大学での学業, 大学院での研究,
さらには社会人になりビジネスをするときにまで
応用していくことができる学習法・勉強法を説明していることです.
これは普遍的で強力な勉強法であり,
小中高校生, 大学生, 大学院生, ビジネスマン,
どの段階のどの学習でも役立つ内容です.

大学受験勉強法 英語編 リスニング攻略に欠かせない 4 つの特訓法

センターでもリスニングがあります.
私立でもセンター利用の入試方式があるので,
多くの人にとって頭が痛いことでしょう.

ここではそのリスニング対策について
考えてきます.

今回はこんなことを書いています.

  • リスニングの勉強の基本はリーディングの訓練
  • リスニング力を圧倒的に上げる為に欠かせない 4 つの勉強方法
  • 問題タイプ別の注意

リスニングの勉強の基本はリーディングの訓練

リスニングは聞き取った英文を理解することです.
自分のペースで聞くことができず,
相手の話すペースで理解していく必要があります.

ここでリーディングを考えます.
リーディングは読み取った英文を理解することです.
自分のペースで読むことができ,
自分の読むペースで理解していくことができます.

だからリーディングの力がない人が
リスニングだけやっても成績は伸びません.

【英単語の発音】と【耳を慣らす】という
プラス \(\alpha\) 要素はありますが,
基本はあくまでリーディングです.

英単語の意味がわからない

当たり前ですが,
その英単語を知らない, 意味がわからないなら
聞きとれても意味を理解することはできません.

もっと言うなら知らない単語は
聞き取ることすらできないすらあります.

変な話ですが,
化学でエンタルピーという概念があります.
そしてよくこれを
「エントロピーじゃないんですか」と言う人がいます.

このように知らない言葉を聞いたとき,
知っている単語の言い間違いだろうと
間違って認識してしまうことすらあります.

これは単語を先に大量に覚えようと
言っている理由でもあります.
リスニングでも,
専用の対策以前に
英文読解・解釈の基礎がないと話になりません.

英文解釈・構造把握できない

リスニングではいわゆる【返り読み】ができません.
しかも英文解釈・読解と違って自分のペースで
読み進めることもできません.

まずは自分のペースで英文を前から読んでいけるようにしましょう.
これは英文速読法として次の記事にまとめています.

英単語の発音がわからない・間違えて覚えている

私も歴史的経緯や発音の変遷までは
追い切れていませんが,
少なくとも現代英語の文字と発音には
異常な例がいろいろあります.

本来は発音記号の方がいいのでしょうが,
ここでは暫定的にカタカナで発音を書くことにします.

英単語 発音
night ナイト
knight ナイト
chaos ケイオス (ケイアス)

night は「gh どこに行った」という話で,
knight にいたっては「k はどうした」と思います.

また chaos はいわゆる【カオス】ですが,
これを【チャオス】と読んでいる人がいます.
こう読んでいる人は実際の英語で
chaos を聞いたときに chaos と言っているとは
思えないでしょう.

リスニング対策という意味では
1 つ 1 つの単語の発音も
きちんと覚えていなければいけません.

リスニングで無茶な英単語が出てくることは
あまりありません.
まずは基礎英単語の発音をきちんとチェックしましょう.

アルク, 木村達雄著『キクタン』『ユメタン』の
音声 CD を有効活用するのをお勧めします.

リスニング力を圧倒的に上げる為に欠かせない 4 つの勉強方法

リーディングの基礎力訓練

上にも書いたように,
リスニングの基礎はリーディングの基礎でもあります.
まずはリーディングの基礎をきっちり固めましょう.

時間は短かくていいから毎日聞く

リスニングはまず耳を慣らす必要があります.

運動不足と寝付きをよくするために
(数学科秘伝の) 散歩の時間を作っている人は,
その時間でリスニングをやるのも手です.

シャドウイング

シャドウイングは英文を聞いた直後に
その英文を真似して言っていく方法です.

学校の授業で「Repeat after me.」といって
復唱していくことがありますが,
あれをもっと速くやっていきます.

(聞き取り) I have a three books to read.
(1-2 単語遅れながら) I have a three books to read.

こういう感じ.
最初は英文を見ながらでも構いません.
最後は音だけ聞いて追えるようにします.

この方法は私が在学当時の早稲田の理工,
3 年次の英語の講義, English Forum で学んだ方法です.
この講義は厳しいことで有名で,
今は国際教養にいらっしゃる生井先生が担当教官でした.

同時通訳

シャドウイングは聞いた英語を
そのまま言うだけですが,
これは日本語に訳してみる作業です.

これは相当大変ですが,
できるようになると
リスニングだけでなくリーディングも鍛えられます.

おまけ: 音声の再生スピードを変える

例えばパソコンで (適切なプレーヤーで) CD を聞くと,
音声スピードの調節ができます.
早過ぎて聞き取れない人はそうした機能を使って
スピードを遅くして聞くのもおすすめです.

Windows なら例えば
Window Media Player で速さが変えられます.
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/change-media-player-playback-speed
iPhone のアプリもあります.

MP3 プレイヤー『聞々ハヤえもん』を使うと,
自由にスピードを変えた音声ファイルが作れます.
http://soft.edolfzoku.com/hayaemon2/

もちろん少しずつスピードを上げていき,
最後には試験本番より速くしても
聞き取れるようにしてください.

リスニング対策におすすめの本・参考書・問題集

ちょっとハードですが,
私が早稲田理工の英語の講義, English Forum で使った
Z 会, 松本茂著『速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4』や
日本放送出版協会, 杉田敏著『決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3)』をおすすめします.

これではハードすぎると思う人は
Z 会出版, Z会出版編集部 (編集), 『速読英単語 (1)必修編 CD [改訂第6版]対応 CD』,
Z 会出版, 『速読英熟語CD』,
アイシーピー, 鈴木陽一著, 『DUO 3.0 / CD復習用』
あたりをおすすめします.

 

発音に関しては, 例えば
アスキーメディアワークス, 松澤喜好著『英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる』
をおすすめします.

問題タイプ別の注意

実際の試験で出てくるタイプの問題ごとに
簡単な注意をまとめました.

短い英文が示す内容を選ぶ

1 問 1 答式で,
短い英会話の後にその会話に
当てはまる内容を選ぶ形式の問題です.

英会話をしっかり聞き取れているのか,
内容を把握できているかが問われています.

このタイプのリスニング問題を解くためのポイントを考えます.

  • 内容把握に集中する.
  • 前もって問題文を読んでおく.
  • 英会話がされている状況をイメージする.
  • 会話の応答が否定か肯定かを意識する。

勉強法・トレーニング法はあとで説明します.

短い英会話を聞きそれに続く英文を選ぶ

これもしっかり英会話を理解しているか,
適切な応答ができるかが問題です.

  • 話の流れを読み会話の落とし所を見極める.
  • 選択肢を正確に素早く読む.

図表問題

もちろん, 会話と図表を見比べないといけないところが
難しくなるところです.

あらかじめ問題文を読んで内容を推測しておきましょう.
特に問われる内容が何かを見極めておきます.
提示されている図表の意味も理解しておく必要があります.

  • 数字なのか.
  • 肯定か否定か.

長めの英会話から答えを導く

会話だと途中で話がわからなくなっても
次のようなヒントがあります.

  • 話し口調.
  • 感情.
  • 会話の再確認.

一方文章だと淡々と話が進んでいくので
置いていかれたら終わりです.

  • 会話のテーマを掴む.
  • イメージを持つ.
  • 話し手が何を言いたいのか考える.
  • 設問をあらかじめ読んで予想する.
    • 何を聞けばいいか.
    • 話がどう展開するか.
  • 1 回目の放送で聞き逃したところを (頭の中に) 記録し, 2 回目では聞き逃さない.

最後に: 気軽に質問してください

大学受験に限らず何か聞きたいことがあれば
このページを参考に気軽に質問してください.
必要な情報がなく, 適切なアドバイスができないことが多いためです.
リンク先のページには LINE・メールの連絡先も書いてあります.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。