模試の受け方おすすめ 8 選 大学受験勉強法

この記事は6分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


このブログ・記事では大学受験・大人の学び直し支援に関するサービスを展開しています.
私自身白血病で体力がなく,
治療で家計が圧迫されていて
塾・予備校・受験サプリなどのオンラインスクール・通信教育といった
教育サービスが受けづらい状況にありました.

そうした方でも無理なく勉強でき,
一流の教育が受けられるようにすることを目指し,
ここでは特に自学自習・独学の支援に力を注いでいます.

大学受験だけでなく, 大学での学業, 大学院での研究,
さらには社会人になりビジネスをするときにまで
応用していくことができる勉強法として
自学自習・独学・脳内授業をお勧めしています.
また見ていない方は次のページや
Kindle にまとめた書籍を参考にしてください.

どうしても達成したいことがある,
受験に成功することで人生を変えたい,
自信を持てるように自分自身を鍛えたい,
自分が望む未来に向かって突き進みたい,
そんな自分の可能性を信じる人に向けたメルマガを発行しています.

模試の受け方おすすめ 8 選 大学受験勉強法

もはや大学受験で模試を受けない人はいないでしょう.
模試を受けるのにも
適切な心構え・考え方・マインドがあります.
今回はそれを説明します.

今回の概要です.

  • 模試を受ける心がまえ
    • 模試を受験するメリット 3 選
    • 入試本番に近い雰囲気を感じられる
    • 普段の学習で気づかない弱点を見つけられる
    • 受験者の中での自分の位置が掴める
    • 受ける模試を選ぼう

模試を受ける心がまえ

模試を受験するメリットについて
考えてみましょう.

模試の受験では
受験後に返却される志望校判定が 1 番気になる,
そんな人が多いでしょう.

確かに参考にするべき情報です.
でも大切なことは他にもたくさんあります.
それについて考えていきましょう.

まず判定結果に一喜一憂するのはやめましょう.
あまり意味はありません.

模試では次の 2 点を重視します.

  • これまでの学習成果を確認する.
  • 本番の入試を想定して受験してみる.

受験後の結果よりも,
模試を受験するプロセスを大事にしましょう.

例: 睡眠導入剤を試してみる

例えば 緊張すると眠れなくなる人 は,
試験前日に 睡眠導入剤
使った方がいいかもしれません.

そういう場合必ず事前に
睡眠導入剤を使ってみてください.
そして その機会として模試を使って ください.

  • 適当に緊張した状況下,
  • はじめて来る慣れない場所,
  • はじめて見る問題.

こういう状況下で睡眠導入剤の効果を見ます.
例えば睡眠導入剤が効き過ぎて,
昼間まで眠くて仕方なく,
試験に集中できないかもしれません.

睡眠導入剤を変えた方がいいかもしれませんし,
量を調整した方がいいかもしれません.

またその影響は模試の結果にも
出てしまうわけですが,
みんなにいろいろ言われたら
やはり悔しいでしょう.

その悔しさもバネになります.
こんな感じで使い方まで工夫すれば
模試を受けた効果がもっと上がります.

模試を受験するメリット 3 選

模試を受験するメリットには
大きく次の 3 つ があります.

  • 入試本番に近い雰囲気を感じられる.
  • 普段の学習で気づかない弱点を見つけられる.
  • 受験者の中での自分の位置が掴める.

入試本番に近い雰囲気を感じられる

入試では

  • 緊張から自分の実力が思うように出せない,
  • 限られた試験時間内に解答できない,

こんなことがよくあります.

本番入試の雰囲気に近い模試を経験することで

  • 緊張にも慣れ,
  • 試験時間の配分を考えられるようになり,

少しずつに本番で実力が
出せるようになっていきます.

大手塾・予備校の模試では
この点についても配慮してくれています.

例えばセンター試験対策の模試や特定大学対策の模試で,
次の内容も本番の入試に合わせて作り,
設定してくれています.

  • 試験時間
  • 問題冊子
  • 解答形式

前もって体験しておけば
入試では落ち着いて問題に取り組めます.

模試の試験会場は
普段の授業や勉強と比べて緊張感が高い です.
自分自身,
これまでの結果がきちんと出せるのかと思うでしょうし,
周りの受験生も同じように思っているからです.

そうなると受験後は疲れがどっと出ます.
本番の入試ではなおさらです.

私立大学は 2 月の上旬に
入試日程が重なっています.

受験プランを検討するのに
3-4 日連続で受験するスケジュールが,
精神的・体力的にハードなことがわかるでしょう.

模試を使うことでも
こういうシミュレーションもできます.

普段の学習で気づかない弱点を見つけられる

緊張感をもって模試に臨むことで,
日々の学習では気づけない
自分の弱点を発見できます.

  • 知識は身についたと思っていたが解けなかった,
  • 単語力が足りないと感じた,

こんなことばかりではなく,

  • 試験時間を間違えて遅刻した,
  • 試験会場を間違えて遅刻した,

こんなことまであるでしょう.

こうしたことに気づき注意すること,
これが模試受験の最大の目的です.

気づくことでそのあとの
具体的な学習指針が見えてきます.
試験前に会場と時間をきちんと調べる,
そういうことにも意識が向きます.

模試で解けなかった問題は,
入試本番までに解けるようになればいいわけです.

くり返し言っていますが,
大切なことは次の 2 点です.

  • 復習して自分の弱点や反省点を振り返ること.
  • 補強すること.

受験者の中での自分の位置が掴める

大手塾・予備校は
全国規模で模試を実施します.
だから受験した教科の偏差値や全国順位が精度よく分かり,
現在の自分の学力が
どのくらいの位置にあるか確認できます.

多くの模試では志望校判定もしています.

  • 同じ志望校を考えている受験生がどのkuraiいて,
  • その中で今の時点で自分がどの位置にいるのかを確認できます.

一方, 模試の志望校判定を見て
一喜一憂しても意味はありません.
志望校判定はあくまで
模試を受けた時点での合格可能性です.

D 判定でも受かる,
そんな話はよく聞くと思いますが,
A 判定でも落ちます.
私が実際そうでした.
あまり楽観的にも悲観的にもならないようにしましょう.

大切なのは次の 2 点です.

  • 自分の弱点分野の理解と克服.
  • 今後の方針の決定.

受ける模試を選ぼう

いろいろな塾・予備校が模試を実施しています.
模試を受けると 1 日潰れます.
その復習もしようと思うとさらに時間を使います.

大切なのは
そのあとの勉強について考えること, 復習なのに,
その時間的な余裕がなくなってしまいます.

模試には大きく分けると次の種類があります.
模試によって出題形式や意図が変わります
必要に応じて受験を検討してみましょう.

  • マーク式模試 (センター試験型)
    • 一般的にセンター試験を模している.
  • 記述解答式模試 (国公立大 2 次・私立大入試対策用)
  • 特定大対象模試
    • 東大・京大・早慶など特定の大学の入試に合わせた出題が行われる模試.
  • 論文型模試
    • 小論文試験対策として実施.

模試受験時に気をつけること

試験時間を意識する

受験当日, 模試だからといって気を抜かず,
本番と同じ意気込みで臨みましょう.

  • ケアレスミス,
  • 試験後の「本当はもっと得点できた」,
  • 名前記入欄への記入漏れ,
  • 突然の体調の悪化,

こんな話は模試だけですめばいいのですが,
本番の入試でもありうることです.

  • 他人事ではなく自分の身にも振りかかることを知る,
  • どんなことが起こるのか知る,
  • ミスを減らす,

こんなことも模試を受ける目的です.
何事も日頃の心がけが大切です.

試験時間が限られた模試は
時間をどのように使うかを試す絶好の機会です.
ふだんから時間を計っている人もいるでしょうが,
いつもと違う部屋, 違う人がたくさんいる会場で
同じようにできるかどうか,
こうしたところを確認します.

  • 全ての問題を試験時間内に解答できるか,
  • しっかりと見直せるか,

いつもできるとは限りません.

むしろ「時間が足りない!」と感じる方が多いでしょう.

特にセンター試験は内容自体は基礎・基本的ですが,

  • 教科によっては 1 問あたりの解答時間が 1~2 分しかない,
  • 効率よく解いていく必要がある,

こういう特徴があります.

模試を通して本番に即した形で
自分なりの時間配分ができるようにしましょう.

第 1 歩として

  • 試験開始時に必ず一通り問題に目を通す,
  • 大体の時間配分を考える,

これを習慣づけてください.

明らかに時間が足りなそうなら,
できそうな問題から手を付けていく必要があります.

模試を受けていて こうするといい
気づいたことがあれば
休み時間にメモしておきましょう.

模試は弱点克服のために受けているのです.

センター試験対策の模試は必ず自己採点を

センター試験対策用の模試では,
マークシートを丁寧に塗る 習慣をつけましょう.
そして模試でも問題用紙に
必ず自分の解答をメモしておいて,
自己採点しましょう.

センター試験の本番では,
試験後に公表される正解と配点を見て
自己採点をします.

国公立大はセンター試験の
自己採点を基に出願校を決定するので,
自己採点のミスは致命的です.

その日のうちの振り返りが大切

受験後の振り返りが大切です.

大学受験では何をするにも
絶対に時間は足りません.

あとでやろうと思っても時間がないので
結局やらずに終わります.
最後の力を絞り出して,
その日のうちに仕上げましょう.

  • 試験が終わったら
    • センター対策用の模試は自己採点.
    • 時間が足りずに手をつけられなかった問題に挑戦 -> 解答を見て自己採点.
    • 【解答・解説集】をもとに模試の問題を見直す.
    • 間違えた問題や分からなかった問題について理解する.
  • 答案が返ってきたら
    • センター対策用の模試では自己採点結果とつきあわせて自己採点が合っているか確認.
    • 間違えた箇所について原因を分析する.
    • 改めて理解していないと感じたら【解答・解説集】で復習する.
    • 分からなかった問題や自信がない問題などを優先して模試の問題に再挑戦する.

最後に: 気軽に質問してください

大学受験に限らず何か聞きたいことがあれば
このページを参考に気軽に質問してください.
必要な情報がなく, 適切なアドバイスができないことが多いためです.
リンク先のページには LINE・メールの連絡先も書いてあります.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。