『東大に受かりたければ、受験勉強と関係ない本を読め』東大教授, 小林康夫さんの言葉

この記事は3分で読めます

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


文系の人間にどうこういうより
まず理系の人間にそういうことまで考えさせた方がいいのでは感があるが,
とりあえずメモ+引用.

人文科学は、自然科学やテクノロジーがもたらすものに対して、従来の人間観のままで、それが倫理的に良い悪いと言っているだけではダメなんだ。「人間とは何で、どうあるべきか」ということについて、今までとは全く違うタイプの問いに答える義務が、人文科学にはある。

1986年から東京大学で教鞭をとり、人文科学を学ぶ学生なら知らない者はいないであろう小林康夫先生。今年度で退職する知の巨人に、今の学生が考えるべ きことや、これからの人文科学の行くすえについて話を聞いた。第一弾は、人文科学の直面している危機と、人文科学者が生き残りをかけて取り組むべきことに ついてである。

とりあえず背景.

コンピュータとインターネットの登場以降、情報は誰にでもアクセスできるようになって、知識を持つことは人文科学の特権じゃなくなった。

知識を持つこと, 人文学の特権だったのか.

一昔前は、ミャンマーいったことある人なんかミャンマーの専門家ぐらいでしたよ。でも今じゃヤンゴンにいけばそこら中、日本人だらけ。もはや人文科学者にとって、知識というものに特権性はないんだ。

割と衝撃を受けている.

東大の文化三類の学生も、昔から人文科学のリーダーシップをとっていた仏文、独文などの文学部よりも、実践的な教育学部に進学したがる学生が増えている。

【実践的な教育学部】というのにいろいろなことを思う.

これからの人文科学は、自然科学やテクノロジーがもたらしたものに対して無関心であることは許されないんです。遺伝子や情報テクノロジーが、人間について の見方をどう変えたのかについて、それを受けた人間の学というのを構築しなくてはならない。そのためには、人文科学者が自然科学を学ぶ必要がある。だって 今やそれが世界の根幹にあるし、それがもたらしたものは非常に大きいわけだから。もはや理系の学問ができない人は人文科学もできないんだよ。

激烈耳が痛くてつらい.

ここから後編.

「中国や韓国の学生の世界認識のリアルさに比べたら、日本人の学生はなんにも世界を見てない。東大生をはじめ日本の学生は世界を知らなすぎる!」

自分で新しいリアリティをデザインしていくような形で、既製のものによりかからずに何かを作っていく道が開かれている。巨大資本に頼らなくても小さな資本から初められるのが、今の成熟したグローバル資本主義の大きなポイント。だから優秀な人はその選択肢に流れていく。

私も最近この線ががんばろうと思っているので,
がんばりたい.

僕はある奨学金の選考委員をしていて、毎年多くの日本人や海外の学生の選考をする。彼らと話して感じるのだけど、中国や韓国の学生の世界認識のリアルさに 比べたら、日本人の学生はなんにも世界を見てないよ。選考でも、「スケートやってました」だの「テニスやってました」だの、何一つ世界がどうなっているか 言わない。驚くべきだよ。

中国人の学生が、自分は今の社会でどう生きてきて、日本はどういう国で、日本と中国をつないでどういうことをやろうとしているのか、はっきり二十歳で言えるのに、東大生はなんにも言えない。東大入ったらOKだと思っている。

大変に耳が痛い.

〈東大に受かりたければ、受験勉強と関係ない本を読め〉

誰も考えたことないことを考えるような頭を作るのって、大学入ってからじゃ遅いんだよ。全国の高校生には、高校の三年間が自分の知的な脳を作っていく上で、ものすごく重要な時期だってことを知ってほしい。

受験勉強というのは、知的な頭を作るあり方の一つに過ぎなくて、高校時代にやるべき勉強というのは、大学合格のための勉強だけじゃない。自分の脳を、試験問題を解くためだけの脳にしちゃダメだ。

東大に受かるためには、受験勉強と関係ない本を読め。それが一番近道だよ。東大の試験問題はバカな暗記モノ聞いてないもん。考えるアタマがあるかどうかを 判定しているんだ。試験問題を解いているうちは、脳は大して発達しない。新しい事態に直面して初めて脳って発達するんであって、回答がわかっているような こと考えても脳は発達しませんよ。

高校時代にそうやって、本を読んで、答えのない問いを考えること。理想を言えば、それを自分で文章化することが重要だ。そうやって物を考える回路を鍛えておくことで、過去の常識が通用しない新しい世の中で、自分の頭で生き抜く能力が身につくんだよ。

【東大の試験問題はバカな暗記モノ聞いてないもん】という
各方面に戦いを挑む姿勢を伺った.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

はじめまして。相転移Pです。数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。このサイトを見て興味があればぜひご連絡ください。 mail: phasetr@gmail.com LINE: oxg2753d
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。