見かけた本に関して著者にリプライで聞いたら献本してもらえることになったでござるよの巻

この記事は3分で読めます

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

何か Twitter していて見かけた本を,
著者の 2 人と相互フォローだったしちょっと聞いてみよう,
そう思ったら献本してもらえることになったでござるよの巻.

まずは長谷川さんの方から.

ややネタ的な応答だったが,
予想外に真面目な回答になってしまったので恐縮した.
そして堀畑さんからのコメント.

岡村の『常微分方程式』の本は,
著者本人の仕事である岡村の距離とか何とかいう概念を導入し,
それを軸に議論されているユニークな本,
とかいう話がある.
そういう感じで何がしかの類書にない特徴があるのだろうと思って聞いてみたのだが,
何か想像以上にいろいろコメントしてもらえて恐縮した.
そのまとめをしておこうというのが以下の話.

このパンルヴェ, いわゆるいつもの Paul でいいのだろうか.

以前数学界で座屈に関する常微分方程式の話を聞いたことがある.
ああいうのは工学でも興味がある話なのだろうか,
というのはいつも思っている.
工学の感覚ないし,
常微分方程式としての面白さもよくわからないので,
どうコメントをつけたらいいかもよくわからない.

この辺は確かに気になった.
参考にしたい.

坂井先生の本は読むべき本リストに突っ込んでいる.

楽しそう.
あとで読んだ感想をまたブログにまとめよう.
考えてみると常微分方程式の数学の本はまともに読んだことがない.
学部の頃は講義で正規の常微分方程式の解の存在と一意性の一般論はやったが,
読んだ本は具体的な微分方程式に関する演習系の本を参考署にしていたくらいで,
理論系の本は一冊も持っていないし,
本当に読んだ記憶がない.
とても楽しみ.

そういえば大谷先生の本も読みたい.
先日お会いしたとき,
特性曲線の方法, 傾きが無限大になったりするところの扱いが雑な本が多いからそういうのをきちんと書いたとか何とか言っていた.
今になって常微分方程式の勉強をするとは思っていなかったので,
人生わからないものだ.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては中高数学駆け込み寺,
大学数学に関しては現代数学観光ツアーという無料の通信講座があります.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

はじめまして。相転移Pです。数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。このサイトを見て興味があればぜひご連絡ください。 mail: phasetr@gmail.com LINE: oxg2753d
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。