無理数の空間は完備な距離付可能な空間である

この記事は2分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


現代数学観光ツアーとも平行して
現代数学探険隊という講座を展開している.
そのために集合論や位相空間論を今の視野と力量でいろいろ調べ直していると,
「そんな数学的現象が起きているのか」ということがよくある.

そして表題の命題はその再勉強の中で知った話だ.
実際けっこう面倒な話だった.
ゼルプスト殿下に教えてもらったので記録しておく.

もはや感覚的に「自明」と思っていることでも,
1 からきちんと書いていくと命題の連鎖の中に置いてあることがあり,
「あの命題は証明していないからこれ証明できないな」,
と思うことがよくある.

コンセプトとして先々を見通しながら講座を展開することを考えていて,
そこまでに示したことしか使わない「本編」と,
そこまでに議論していないことでもバンバン使ったり紹介したりする
「探険パート」がある.

探険パートはぶっ飛ばして書く前提なので別にいいのだが,
本編で時々これが起こる.
当然いくつかの本を参照しながら講座を作っていて,
「これはここでやらなくても大丈夫か」と思って飛ばしたのが
後で「これは盛り込みたい」と思った命題で使ったりする.

必要な命題は必要なところで追加すればいいし,
そこまで気にしているわけでもないが,
「この命題の証明にこれ使うのか」と改めて認識して驚くことはある.
特に「これはちょっとマニアックだしあまり使わないだろう」と
思った命題を複数回使うことがあると自分の認識の甘さを痛感する.

集合や位相の再勉強を進めていると,
変な例を作るのに順序数がかなりよく動いてくれそうで,
改めて再勉強したいと思っている.
講座の流れではほとんど使わないので,
優先度は低くなっているとはいえ,
時間が取れたら変な反例探訪の旅に出たい.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 04.10

    魔人 Milnor

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。