コンテンツにスキップ

ライフハック

2024-07-11 熱中症の後遺症期間は4-5年

熱中症やらかしてから4年近く全部ダメだったし(風呂入って体温上がっただけで吐く)パニック障害まで発症したし安定剤手放せなくなった私が毎年言ってるんだけど

  • 寝る。最低6時間、出来れば8時間。4時間とかはこの暑さの中では即👻
  • 朝ごはん食べろ。米だ米。お茶漬けとかスルッとイケる

熱中症が4年くらい後遺症あるのは、発症した時点で“茹でられた”状態になった内臓のたんぱく質が元に戻ることはなくて、細胞の生まれ変わりを待たなきゃいけないんだけど、それが4〜5年かかってるんだって こないだ熱中症の勉強会で聞いた

2024-07-01 令和の歯科の新常識

【ここが変わった!令和の歯科の新常識】

  • 食器を分けてもむし歯予防にならない
  • キシリトールにむし歯予防効果はない
  • 歯磨き粉はたっぷりつけてゆすがない
  • むし歯菌はミュータンスだけじゃない
  • 避けるべきは砂糖だけじゃなく遊離糖
  • むし歯予防や歯並びに母乳育児は重要

以下で解説します!

キシリトールガムを噛んでむし歯予防効果が生まれるのは「唾液分泌の促進】によるもの。 キシリトールそのものの効果は根拠不十分とされています。 キシリトールタブレットは効果はなさそう。 心血管疾患との関連を疑う論文もありますが、そこもまだ検証は不十分です。

https://cochranelibrary.com/cdsr/doi/10.1002/14651858.CD010743.pub2/full

歯磨き粉は補助剤ではなく、そこに含まれるフッ化物こそがむし歯予防の主役。 以前は小さな子ども向けに500ppmも推奨されていましたが、今は1000ppmから。 6歳以上は1500ppmを2cmつけて吐き出すだけでうがいは最小限に。 1日2回がベース。タイミングは就寝前が最重要。

https://kokuhoken.or.jp/jsdh/news/2023/news_230303.pdf

むし歯は感染症ではなく「非感染性疾患」。 原因となるのはミュータンス菌だけではなく、様々な菌が関わります。 甘いものを食べるとそれらの菌が酸を出し、その他の菌を弱らせ、原因となる菌が増えてしまう。 「生態学的プラーク仮説」が現在妥当とされる病因論です。

https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/08959374940080022001

「甘いもの」は砂糖だけではありません。 WHOは「遊離糖」という分類を使っています。 果物そのものはOKだけど、果汁100%ジュースはアウトです。噛まないので唾液が出ないからね。 はちみつや甘酒などももちろん遊離糖。 糖の種類だけでなく食べ方もとても大切です。

https://note.com/sho_x/n/n4f288d51f84a

母乳育児は母子ともに様々な重要性がありますが歯科ではむし歯予防や良い歯並びに貢献する可能性が示唆され、イギリスでは国のガイドにも収載。 国内では「口腔機能発達不全症」の項目で母乳育児支援が保険収載されています。 免疫の働きや使う筋肉の違いなどが関わるっぽい。

https://gov.uk/government/pub

ゆで卵を茹でずに作る方法

  • URL
  • たくさん作る時は(鍋の代わりに)フライパンが便利.
  • 鍋に卵を入れ、鍋底から1cmの高さまで水を加えて中火にかける。
  • 水が沸騰したら蓋をして、中火で4分加熱。火を止めたら、蓋をしたまま5分置く。(黄身をトロトロにしたい場合は3分置く)
  • 卵を冷やしたら完成です。

(アカデミック)ハラスメント相談で外圧を使う

ちなみに,アカハラ告発を学内組織でするの,完全に悪手です.証拠揃えた後の初手は,法務省の人権相談窓口一択です.

もしよければ、人権窓口でどんな対策を高じてもらえることを前提にしたお話なのか教えていただけないでしょうか。

えっと,人権相談窓口に具体的な対策をしてもらうことまでは期待していません.どちらかというと,学内で握りつぶされない外圧を作る意図です.それから,学内組織を併用することを想定しています(加害者側の程度により方法は分岐するので,あくまで「初手」です). もう少し補足しますと,証拠を揃えたあと,水面下で人権相談窓口に相談だけして,具体的に動く前に学内組織に相談してその内容を録音しつつ,握りつぶす方向に動いたら,法務省と相談していることと,録音内容を報告する旨を伝える,とかですね.学内交渉用のカードにしています.

重ねての返信ありがとうございます。 大学が及び腰であれば、その発想で動いたと思います。 警察と法テラスにも話を出しているので同様に使えそうです。

過信は禁物ですが、現在、大学が問題を適切に取り上げてくれる感触を持っているので、大学にこの内容を伝えずに済みそうです。

そうですね.恐らく警察は学内のことについては不介入になると予想していますが,法テラスであれば強いカードになると思います.釈迦に説法となりそうですが,学内のやり取りは全て録音しておくことをオススメ致します.最後でひっくり返しに来たことも経験していますので...

大学の評判が傷つくことは、大学もあまり望まないだろうと考えているため、その姿勢も当然かなと思います。 警察,法テラスいずれも現状では動くのに弱いとの事でしたが、そのことは伏せて相談した事実のみ話すつもりです 本格的な調査はまだですが、録音機器も用意して臨みます。 突然失礼しました

いえいえ,大変だと思いますが,外圧を使って「手ごわい」と思わせれることに成功すれば比較的良い方向に動くと思いますので,くじけず頑張ってください.

民法611条の家賃減額

給湯器がいきなり壊れちゃって管理会社に電話したら「交換用の給湯器が手に入らないのでいつ修理できるかわからない」とか言われて詰んだ〜と思ったんだけど、「ではホテルに泊まるので民法611条の家賃減額で相殺してください」と伝えたらソッコー修理に来てくれることになったね なんで?? 修理用の部品もないような古い形式の給湯器だったので借主に故障の責任なし→改正民放611条で請求しなくとも当然家賃は減額→ガイドラインだと家賃の10%減額となっているがホテルに泊まらざるを得ないので差額を負担してもらえないか交渉→なぜかスピード解決、というわけなんだよね そんでなぜホテルに泊まりたいのかというと生理中だからなのです 「賃料減額のガイドライン」によれば給湯器故障の場合は10%減額となっているけど、これは公衆浴場を利用することが前提になっているよな・・・30%でもいいんじゃないかと思うけど

記事紹介: 「豆は3歳まで与えないで」気道に入り肺炎も 節分前に消費者庁が警告

「豆は3歳まで与えないで」気道に入り肺炎も 節分前に消費者庁が警告というニュースがあった. 新聞のオンライン記事はすぐリンク切れするので, 今回も記事を全文引用しておく.

乳幼児が豆やナッツ類を口にすると気道に入りやすく、肺炎や気管支炎を引き起こす恐れもあるとして、消費者庁は3日の節分に向け、「3歳ごろまでは食べさせないで」と注意を呼び掛けた。気管支に入ると、取るのに全身麻酔をかける必要があり、肺の一部を切除することもあるという。

消費者庁などが全国30の医療機関から事故情報を収集するネットワークに、今年1月までの約5年間で20件以上の情報が寄せられた。ある1歳児は、豆を食べながら椅子から下りようとした際にむせ込み、医療機関で全身麻酔をかけて気管支から豆を除去した。

発熱とせきの症状があり、肺炎の疑いで入院した2歳児は数カ月後、気管支からピーナツの破片が見つかった。小さな破片でも事故につながるので注意が必要。同庁は「乳幼児は食べ物をのみ込む力が十分に発達していない」と指摘する。

節分との関係はあるにせよ, どうして豆・ナッツ類を選択的に取り上げるのだろう. あと全国 30 医療機関から 5 年で 20 件以上というのが, 他の食品 (?) と比べて多いのか少ないのかもよくわからない.

乳幼児の食べ物を飲み込む力の弱さからくるなら, 他にも危ない食品あるはずで, そういうのリストとかないのだろうか.