VSCode

APIを投げる

GET http://localhost:3000/v2/posts
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded;
POST http://localhost:9000/v2/posts HTTP/1.1
content-type: application/json

[
  {"name": "shop1"},
  {"name": "shop2"}
]

AWSのCloud9に接続する

Host project1_ssh
  HostName api2.project1.com
  User amasok
  Port 2222
  RemoteCommand cd /var/source/current/; $SHELL -il # ←これと
  RequestTTY yes # ←これ

PlantUML

インストール

Mac

brew install java
brew install graphviz
brew install plantuml

使い方

Win Mac
プレビュー Alt+D Option+D

サンプル

@startuml sample1
Foo->Bar:message
Foo<--Bar:response

Class01 <|-- Class02
Class03 *-- Class04
Class05 o-- Class06
Class07 .. Class08
Class09 -- Class10
@enduml

@startuml sample2
title 何かのシーケンス
マスタ -> スレーブ: コマンド
activate スレーブ
note right: 何らかの処理
deactivate スレーブ
|||
...1秒後...
'コメントも付けられるよ
マスタ -> スレーブ: リクエスト
スレーブ --> マスタ: レスポンス

alt 処理成功
    マスタ <-- スレーブ: 肯定応答
else
    マスタ <-- スレーブ: 否定応答
end
@enduml

@startuml sample4
title Sample4

state ストップウォッチ {
  停止中-->計測中: スタートボタン押下
  停止中<--結果表示中: リセットボタン押下
  計測中<--結果表示中: スタートボタン押下
  計測中-->結果表示中: ストップボタン押下
}
@enduml

@startuml sample5
title Sample5

state 給湯器 {
  電源オフ-->停止中
  停止中-->待機中: 電源ボタン押下
  待機中-->給湯中: 給湯ボタン押下
  給湯中-->待機中: 給湯ボタン押下
  給湯中-->停止中: 電源ボタン押下
  待機中-->停止中: 電源ボタン押下
}
@enduml

MacのVSCodeからプッシュする

Host github
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
  User git
  UseKeychain yes    # ここを追加
  AddKeysToAgent yes # ここを追加

WSLとの連携

矩形選択

Windows

macOS

Linux