記事紹介: 「お腹を痛めて産んだ子なのに、DNAが一致しない!」

この記事は1分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


【「お腹を痛めて産んだ子なのに、DNAが一致しない!」あやうく子供を取り上げられ、さらに犯罪の疑いまでかけられてしまった女性】というニュース.
面白いといっていいものでもないが, まあ面白い.

以下ネタばれ(引用)なので, 順に見たい方は直接上記リンク先のページに行ってほしい.

カレンさんは血液的には1人ですが、組織的には2つの個体が結合していることが判明しました。
それはすなわち、カレンさん自身が双子そのものであることを意味します。

こうした症例は「キメラ」と呼ぶ非常に珍しいケースで、世界で30例しか確認されていません。

妊娠初期に双生児の片方が死亡し、生存している方に吸収されるか、
2つの受精卵が子宮内で融合して1つの胚となったとみられています。

確率にして、なんと10億人に1人の低確率です。

弁護士は、裁判の日をこの検査が終わるまで延期するよう依頼しました。
そして、リディアさんもこのキメラであることが判明します。

こうして、ようやく裁判所によって実子であることが認められ、
起訴は取り下げられました。

医学を過信しすぎたゆえの悲劇ですが、
最終的には子供を奪われることもなく、生活保護を受けることができたとのことです。

ちなみに骨髄移植をした人の中にも、
提供者と血液が融合してしまい、細胞のDNAと血液のDNAが一致しなくなるケースがあるそうです。

世界は不思議に満ちている.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。