記事紹介: 子ども向けのソフトウェアを開発している人たちに言いたいです.「小さい子どもにコンピュータを触らせるということ」

この記事は1分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


言われてみれば当然だがとても衝撃的でしかも面白かったので.

子ども向けのソフトウェアを開発している人たちに言いたいです.「小さい子どもにコンピュータを触らせるということ」 http://t.co/hNtIbSdvBr
— 原田 康徳 (@viscuit) 2014, 6月 25

元記事の一部を引用しよう.
元記事には図があるので, そちらも見てほしい.

まず,最初に衝撃を受けたのは,ある子ども(小1で,
3年前ですからタブレットなんて初めて触るくらい)が頑張って部品をドラッグしようとしているんですが,
何度やっても部品をつかむことが出来ないみたいなんです.
何度もやってもつかめなくて,どんどんイライラしてきてます.
彼の指先をよく見たら,その部品の真上を触っているのではなく,
部品よりもっと向こう側で指を下ろして,指の腹でその部品を引きずろうとしていました.
彼のやろうとしていたことはこの図のような感じです.

あと最後の方のこの一文.

僕はまずソフトウェアやデバイスの負けを感じます.
自分たちがいかに特殊な操作法に毒されていたのか気づかされました.
一方で,その特殊な操作法に染まって行く子どもが増えて行くこともまた悲しいです.
彼らの無垢な部分が汚されて行く感じで.

「汚されていく」という強い表現がどこまで適切かはともかく,
面白い視点であることは間違いない.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。