大学受験勉強法 英語編 はじめに: 英語学習の順序は単語・熟語・構文, 文法, 英文解釈, 長文だ

この記事は5分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


このブログ・記事では大学受験・大人の学び直し支援に関するサービスを展開しています.
ここでは特に独学の支援に力を注いでいます.
メインページ には関連資料・ページ一覧・まとめがあります.

特色は, 大学受験だけに通用する方法ではなく,
大学での学業, 大学院での研究,
さらには社会人になりビジネスをするときにまで
応用していくことができる学習法・勉強法を説明していることです.
これは普遍的で強力な勉強法であり,
小中高校生, 大学生, 大学院生, ビジネスマン,
どの段階のどの学習でも役立つ内容です.

大学受験に限らず何か聞きたいことがあれば

このページを参考に気軽に質問してください.

必要な情報がなく, 適切なアドバイスができないことが多いためです.

リンク先のページには LINE・メールの連絡先も書いてあります.

大学受験勉強法 英語編 はじめに: 英語学習の順序は単語・熟語・構文, 文法, 英文解釈, 長文だ

基本的には記述試験の対策を意識して勉強していきましょう.
受ける大学が全てマーク形式という方もいるでしょうが,
その場合も記述に対応できるように準備した方が効果的です.

理由は簡単で, その方が自信を持って解答できるからです.
記述は自分で答えを作る必要があるため,
自分なりに根拠を持って解答します.
マーク形式でも自分なりに根拠を持って解答すれば,
紛らわしい選択肢にも迷わず自信を持って答えられるようになります.

逆にマーク形式の問題ばかりやっていては
記述の力がつきません.

後でもっといい志望校が見つかり,
そこでは記述が必要だが全く対策を取っていなかったので
出願を泣く泣く見送った, そんなケースを見たこともあります.
そんな不意の状況に備えるためにも,
記述の対策を中心に進めるべきです.

センターに関しては本番前に別途きちんと対策してください.
時間制限が厳しく想像以上に大変なはずです.

英語の学習分野は単語・熟語・構文, 文法, 英文解釈, 長文の 4 つ

大きくわけて勉強すべき分野は次の 4 つです.

  • 単語・熟語・構文.
  • 文法.
  • 英文解釈.
  • 長文.

リスニングや英作文もありますが,
とりあえずそれは置いておきましょう.
勉強するときは必ずこの順で上からやっていってください.
上の方が基礎的な項目で, これが適当だと下をやるときに
必ず障害になって現れます.
単語・熟語・構文, 文法は短期決戦ですぐ片付けます.

裏技・受験テクニックと呼ばれるものもありますが,
まずはしっかりと基礎を身につけて地力をつけましょう.
時間制限が厳しいセンターなど特殊な状況で
そうしたテクニックが活きることはありますが,
それも地力あってこそです.

英語は最終的には長文読解に集約されます.
たいてい長文読解の配点も大きいので,
英語の長文の対策をしっかりしていればとても有利になります.

学校にもよりますが長文読解で大変なのは次の点です.

  • 使われている単語・熟語が難しい.
    • 小説が出てくるときどう頑張って【受験】勉強してもお目にかかれない単語や表現が出てくる.
  • 英文解釈上の難しさ: 複雑な構文だったり文法的に込み入っている.
  • 長い.

【使われている単語・熟語の難しさ】は
受験では滅多に出てこない難単語・熟語を
文章の流れから推測させるタイプの問題です.
文章全体の流れが分かっていなければ推測できないので,
やはり長文の問題としての難しさです.
しかし一文一文を理解していった上で全体の主張を掴むわけで,
一文一文の英文解釈が問題になり,
そのための英単語・英熟語・構文・文法という土台が
しっかりしていなければ門前払いにあいます.

【英文解釈上の難しさ】は英文解釈としての難易度が高いことが問題です.
基礎となる構文や文法の知識がしっかりしていないと解けません.

【長い】は特に慶應 SFC が有名でしょう.
長い文章を素早く読めるように鍛える必要があります.
よくパラグラフリーディングなどの【速読法】や
テクニックという話題になりがちですが,
文章を書くことを考えれば当然の話を
読むときに使っていくだけのことです.
基礎はあくまで正確に読むための知識を蓄えること,
そして正確に【速く】読む訓練をすることに尽きます.
速く読めても不正確にしか読めないのでは話にならないので,
やはり正確に読むための訓練, 英文解釈の特訓が最優先です.

このように, ある程度難しい長文問題を解くためには
その前提, 文章の構成要素である
単語・熟語・構文, 文法, 英文解釈ができるようになっておく必要があり,
総合的な知識が必要です.
長文をはじめる前にそれらをきっちり暗記しましょう.
まずは知識の種を蒔いておくことが大事です.

どうして単語・熟語・構文, 文法, 英文解釈, 長文の 4 つが大事なのか

一般的な勉強法についてまとめたページ
大学入試は大学で勉強していくために必要なことを問うていることを説明しました.
この 4 つの項目は大学で勉強するためにも大事なことです.

まず大学に入って勉強をはじめると専門用語がたくさん出てきます.
少なくとも理系の場合, 専門用語はたいてい 1 つの単語に
1 つの意味しかないですが, それでも量があるのできちんと覚えていく必要があります.
ここでやはり大量の暗記を迫られるわけです.

それ以外にも文献調査があります.
理系だとほぼ英語で十分ですが,
人文・社会学系の人だとドイツ語, フランス語,
ロシア語といった言語も覚えないといけない可能性があります.

当然それらの読解も必要で,
そのときには同じ要素を勉強する必要があります.
さらに英文解釈, 長文読解に相当する技術も磨く必要があります.

英語だけに限っても,
例えば格式の高い論文誌や,
ノーベル賞の講演といった格式の高い場では
それに合わせて英文の拡張も高くなります.
有名な文学作品を背景にした文章や,
込み入った構文で英文解釈するのも大変な文章を
目にする機会も多いでしょう.

シェイクスピアのような文学作品や聖書を背景にした
文章も多いので, それはそれで知識として覚えておく必要があります.

このように大学では大学受験を遥かに越えた知識量と
恐ろしく難しい文章の解読, 大量の長文読解を迫られます.
大量の情報処理をこなせるように, という社会的な要請もあります.

大学受験の問題もそうした現実に即した内容になっているというわけです.
大学受験でやったことは全てあますところなく大学以降で必要になります.
どれだけやっても足りないくらいです.
きちんと勉強しておきましょう.

国語の勉強も大事

とても大事なことなので強調しておくと,
長文読解の対策として国語の対策が役に立ちます.
両方とも文章の読解が問題なので当然です.

内容の難易度自体は国語の方が当然上なので,
国語の文章が読めるのならあとは純粋な
英語の問題, 単語・熟語・構文, 文法の問題になります.
国語の勉強が英語の勉強になると思って,
国立理系志望の人も国語をしっかり勉強しましょう.

読む上で大事なことを知るには
実際に書いてみることも大事です.
大学受験でいうなら小論文にあたります.
不要な人もいるので小論文の勉強をする必要はありませんが,
【書く】訓練をすると読む上でも役に立つことがたくさんあります.

ここで本当に【書く】必要はありません.
大事なことは人に何かを説明するときにどう説明していくのか,
その方法を意識することです.

話すだけだと結構適当でも何とかなるのですが,
文章にして書くとなると考えるべきことが変わります.
それを学んでおくと恐ろしい程役に立ちます.

大学に入ってからも論文を書く機会がある人は多いでしょう.
特に理工系は大学院進学も普通で,
論文を読み書きする機会も出てきます.

そこまで意識した (日本語の) 文章や
英文の書き方については別途記事を作る予定です.

何はともあれ, 英語の理解には
国語の勉強が役に立つこと,
逆に英語をきちんとやっておくと
国語の勉強にもなることを意識しながら勉強すると,
世界が広がり, 成績もよくなっていきます.
しかも文章読解はどの科目にとっても
基本なので, 全ての科目の成績にいい影響があります.

英作文

上の勉強すべき項目に英作文を入れませんでした.
理由としてはそれ以外の勉強をしているだけで十分対策になるからです.
推薦や特定の私大のように英作文の配点が大きい場合は
多少時間を作ってもいいですが,
その場合も勉強法には気をつけてください.

その勉強法ですが, 文章の音読です.
これは英文解釈, 長文でもやってほしいことです.

「たかが音読か」と音読をなめてはいけません.
プロの通訳者もやっている勉強法が音読です.
英作文の勉強がしたければ, 英文解釈や長文の勉強で出てきた英文を
徹底的に音読して頭に叩き込んでください.

今回はこのくらいで終わることにします.
これからは英単語・英熟語など個別の勉強法を
説明していく予定です.

最後に: 気軽に質問してください

大学受験に限らず何か聞きたいことがあれば
このページを参考に気軽に質問してください.
必要な情報がなく, 適切なアドバイスができないことが多いためです.
リンク先のページには LINE・メールの連絡先も書いてあります.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。