記事紹介: 『アメリカ人は、なぜアンパンマンが嫌いか?~アメリカで”あんぱんまん”が放映されない理由~』

この記事は1分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

理系のための総合語学・リベラルアーツの視点から数学・物理・プログラミング・語学 (特に英語) の情報を発信しています. コンテンツアーカイブに見やすくまとめているのでぜひご覧ください.


いくつか引用したい.

あっ、そりゃ、そうじゃん。アンパンマンは、アメリカ人に認めてもらうのは、むずかしいよ。
だってさ。疲れてる人に自分の顔を取って食べさせるっていうのが、もうだめ。日本文化の中には、自分が犠牲になって相手に幸せになってもらうような部分が あるけど、宗教的にかもしれないけど、アメリカ人は、自身を提供して相手に幸せになってもらうっていう思想が無いと思う。Win-winが好きだよね。み んなで幸せになりましょうっていうの。
で、いくら漫画でも、アンパンマンに
「僕の顔を食べてって」いわれて、
「アンパンマンありがとう!」っていって食べちゃうのも理解できないと思う。
普通は
「えっー。それは、ちょっと。。」
がアメリカ人の反応だよ。

「ゆみちゃんさー。カニバリズム Cannibalism は、アメリカ人はみんな引くんだよ」
「えっ?何なに?それ?」
「人が人を食べること」

アンパンマン, カニバリズムと解釈できるのか.
割と衝撃.

一番気になったのは,
アメリカの大人はいいとして,
バリバリのアメリカ人の子供はどう見るのかということだ.
子供といっても何歳くらいから違和感を感じはじめるか,
そういうのも気になる.

また人種 (文化) としてどの辺には受け入れられて
どの辺には受け入れられないのかとても気になる.
アメリカ文化圏の問題なのか,
キリスト教的な話なのか.
キリスト教徒でもアジアやアフリカにもいる.
そういう場合はどうなのか.
影響を与えるキーファクターはどこなのか.

気になって仕方ない.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 相転移Pの写真
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。