アンケート回答: 今後の話も簡単に/現代数学観光ツアー

この記事は3分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

理系のための総合語学・リベラルアーツの視点から数学・物理・プログラミング・語学 (特に英語) の情報を発信しています. コンテンツアーカイブに見やすくまとめているのでぜひご覧ください.


メルマガで流した内容をサイトにも載せておきます.

今回もアンケートへの回答の追加があります.
次の URL から PDF をダウンロードしてください.
前者は現代数学観光ツアーのアンケートへの回答,
後者は現状アンケートへの回答です.

ここまでのアンケートを見て,
今後しばらくの動きについてある程度方向を決めたので
簡単に連絡しておきます.

大きくわけて 2 つあります.

  • 中高の数学の深掘り: 役に立つ数学, 微分方程式との関連
  • 現代幾何学

現状アンケートを見たら物理系への要望が割とありました.
そういう流れで人を集めているので当たり前なんですが.

何というか, ふつうの量子系の話はサイトとか
math-textbook とかにいろいろ書いているので,
とりあえずそっちを見てもらうことにしようと思います.

サイトの情報ももっとちゃんとまとめないと駄目ですね.
時間が取れなくてさぼったままです.
どなたかやってくれると嬉しいです.
他の方の役にも立つので.

で, 本題.
現状アンケート 1 発目の回答もそうですし,
高校生の参加者がまた増えたということもあるし,
私が本当に届けたい人に情報を届けるために
リーチを広げたいのもあるし,
中高の数学に関する話をやろうと思っています.

現代数学観光ツアーと同じく,
理工学だけではなく人文, 社会学系統でも必要な,
もっと言えば役に立つ方向から見た全体像,
流れを 1 つご紹介したいと思っています.
それで微分方程式の話をやります.

統計学もやりたいですが,
まずは微分方程式の方がメインターゲットの
理工系の要望にあうだろうなということで.

微分方程式を直接やるというよりも,
その解をプログラムも使って数値的に解いてみるという方向です.
これなら少なくとも形式的には文字計算,
四則演算で処理できますし.

言語は最初 Python を考えてましたが,
インストールや実行が大変かと思ったので
インストールしなくても動かせる JavaScript の方がいいか,
とかいろいろ考えています.
JavaScript ならとりあえずインストールはいらないので.

でもやっぱり参考資料も多いし,
今後の展開を考えても Python か,
と迷っているところです.

JavaScript は web 系に行くなら基礎教養ですし,
それ以外にもやって損はありません.

ただグラフ描いたりアニメーションさせたりするなら
やっぱりライブラリを使いたくて,
それが安定していない感じがあるので
私のコンテンツ制作がつらくなるという事情があります.

p5.js とか面白そうなライブラリもあるので,
あなたが興味あるならぜひいろいろ遊んでみてください.
ドットインストールにもレッスンがあります.

正式な案内は近いうちに出すので,
ちょっと待っていてください.
何をどう進めていくかまだ大枠を作っているところです.

もう 1 つは幾何.
超弦とか幾何的ラングランズとか一般相対論とか,
幾何に興味がある人が割といるようだったので,
多様体論をちょろっとやってみようと思っています.

現代数学探険隊で位相空間をはじめとした
基礎はやっていくので,
そちらでやる (予定の) 知識は全て仮定してやります.

理工系の教養レベルまではおさえている人は
多いですがそれだけでどこまで多様体論を
かっちりやっていいものか結構迷うところではあります.

理工系の教養レベルでどこまでどう食い込めるのか,
むしろそれを調査するくらいの感じでいきますか.
そのため実験的に数学的に十全な知識がある
前提の内容でぶっぱなす予定です.

超弦くらいまでいくと相当の数学がいるので,
そこまで見込んだ感じでやっていく予定です.

重点置きたいのは中高の数学方面なので,
幾何は相当のんびりペースになると思います.

それはそれとして現状アンケート回答への回答は
まだまだ受け付けています.
あなたが未回答ならぜひ協力してください.

あと念のため.

現代数学観光ツアーの各回に関するアンケートや
質問などはいつまでも受け付けています.
お返事は確約できませんが,
ちゃんと見てはいますし何かしらの形で
追加コンテンツも作っていく予定です.

ぜひ気軽にコメントしてください.

ではまたメールします.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。