David Richeson, So-called the Japanese theorem for nonconvex polygons

この記事は2分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


今は (アカウントが) 亡き kyon_math さん情報.

ニッポン定理,初めて知った.
http://bit.ly/1g3ccWU

ページからも引用しておこう.

The Japanese Theorem for Nonconvex Polygons
David Richeson (Dickinson College)

Abstract. The so-called “Japanese theorem” dates back over 200 years;
in its original form it states that given a quadrilateral inscribed in a circle,
the sum of the inradii of the two triangles
formed by the addition of a diagonal does not depend on the choice of diagonal.
Later it was shown that this invariance holds for any cyclic polygon that is triangulated by diagonals.
In this article we examine this theorem closely,
discuss some of its consequences, and generalize it further.
In particular, we explore its relationship with
Carnot’s classical theorem on triangles,
we look for extreme values for this sum of inradii,
we look at the limit of this value as the number of sides goes to infinity,
and we generalize the theorem to nonconvex cyclic polygons.
We include interactive applets throughout the article to give the theorems a tangible credibility.

「So-called と言われてもはじめて聞いたわ」感溢れる.
そして何はともあれメモ.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。