数学は体力だ

この記事は3分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


最近, 筋トレが面白くてはまっているので,
その理由をお話しようと思っています.

数学かどうかはともかく,
物理や科学には確実に関わることなので,
「筋トレなんて興味ない」と言わず,
ぜひ話に付き合ってください.

知っている人は知っている,
「数学は体力だ」という話があります.

前々から言ってはいたものの,
私自身はほとんど実践できていませんでした.
方々で言っているのでご存知の方も多いと思うのですが,
私は中学 3 年で白血病になり,
それ以来まともに運動していない期間が
20 年近くあったからです.

体力がなくて困っていたからこそ,
その意義を痛感していたとも言えはします.

いい加減何とかしようと,
小学校の頃からお世話になっている道場で
3 年前に中学の頃にやっていた柔道を再開したのですが,
やはりふつうの人よりも明らかに
体力もなければ力 (筋力) もありません.

中学 2 年生にすら乱取りで
ボコボコに投げられる始末です.
それが悔しいということもあり,
筋トレを始めました.

死ぬほどきつくて毎度嫌になるものの,
それはそれとして筋トレが面白いです.

何というか,
スポーツ科学とかその辺の科学からすれば
もはや激烈自明なのでしょうが,
ある種目で鍛えられる筋肉が
限定されているというのがひどく面白いです.

これの何が面白かったかというと,
例えばベンチプレスでダンベルを
持ち上げるのに腕を使うにも関わらず,
ちゃんとやると腕はそれほど疲れず,
ちゃんと胸の筋肉に来るところ.

もちろんやっている重量が軽いこともあるでしょう.
しかし本当に腕よりも胸にくるのです.

ダンベルカールをやっていると二頭筋にしかきませんし,
他の種目でもかなり影響が限定できます.

ショルダープレスも形式的には腕で
ダンベルを持ち上げているのに,
疲労が来るのは肩です.
もちろん肩の筋肉を使って上げているからです.

腹筋をやっていて腹にくるとか
そういう自明な話ではなかったのがすごく面白くて,
それで続いている感じもあります.

他にもきちんと休まないと
筋肉が壊れたままでむしろ筋肉が痩せていくとか,

栄養を取らないと身体が回復せず,
筋肉がつかないとか,
激烈自明のことが本当にクリティカルに効いてきます.

つい毎日ハードに, と思ってしまっていました.
しかしこうした子供でもわかるようなことが
きちんとできていなかったことを知りました.

自分でやれる科学といった感じで筋トレやるのは,
実はめちゃくちゃいいのではないかと思いはじめています.

これは通っている道場で子供達の指導を
しながら思うことでもあります.
どうすれば生活に根差した形で
数学や物理を叩き込めるだろうかと.

いろいろ調べてはいたのですが,
筋トレの科学という観点から話をしてみるのは
どうか, ということで自分自身を
実験台にして奮起してみたところでもあります.

半年くらい色々調べつつ,
実践しつついい本やコンテンツを探し,
実践もしてきました.
プロテインとかサプリを買って試したり,
といったことまではじめました

最近, 仕事が忙しく残業や休日出勤も増えている上,
もともと健康ではないですし,
そろそろいい年なので,
ちゃんと身体に気をつけようと思い,
本腰を入れはじめた, という感じです.

近いうちミニ講座を作ったり,
いいコンテンツを紹介したりしたいです.
自分が変にまとめるよりも,
これを読んで, といった方がいいことも多いので,
いいやつをお勧めようと思っています.

筋トレをしたいという方はもちろん,
筋肉をつけるためには何をすればいいか,
筋肉がなぜどうつくのか,
そのためにはどうすればいいのか,
というスポーツ科学的なことを知りたい方にも
ぜひ読んでほしいコンテンツがあります.

筋肉を作りたいなら
それはもちろんタンパク質もいるよね,
という話もリアルに実感しています.
ある程度ハードワークしなければ
筋肉つかないというのも改めて実感しました.

軽い筋トレをいくらやっても全く筋肉がつかなかったのが,
ダンベルで毎回今までにはないレベルの
きつさでやってみたら,
一週間で明らかに筋肉がついたりしましたし.

ちょっとの筋トレですぐに筋肉がついたのは,
それだけ私がろくに運動をしていなかった,
筋肉/筋力がなかったという証拠でもあります.

しかし栄養まで考えてちゃんとトレーニングしたら
1 週間で結果を実感できたというのも
本当に面白い経験でした.

数学や物理のためにも,
あなたもきちんと身体を動かしましょう.

身体を動かすということでいえば,
大学院のセミナーで高尾山ハイキングセミナーをする
人もいるくらいですし,
数学科秘奥義の散歩もあります.

それからすれば, 身体が動きはじめると
頭も動きはじめるという感じがあります.
こもって勉強・研究もいいですが,
ちょっとした運動も取り入れてみてください.
軽いところからはじめるための
方法もいろいろ考えて実践した結果もまとめます.

数学をやっていると心身ともに消耗するので,
心身の健康と体力は本当に大事なこと,
改めて実感しています.

最近, 筋トレを実験とみなして
色々遊ぶのが本当に楽しいです.
しかしつらい.

ではまたメールします.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 08.06

    Kindle 出版

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。