TeX 関連: matplotlib で描いた絵を tikz 化

この記事は2分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

理系のための総合語学・リベラルアーツの視点から数学・物理・プログラミング・語学 (特に英語) の情報を発信しています. コンテンツアーカイブに見やすくまとめているのでぜひご覧ください.


自分用メモで, オリジナルはこれ.
Tikz についても適当なタイミングで試したい.

では matplotlib 利用に関してコードとともに説明していく.

インストール

まずは matplotlib2tikz をインストールする.

pip install matplotlib2tikz

他にもいろいろ要求されるかもしれない.
私の環境では次のインストールが必要だった.

pip install PyHamcrest msgpack-python

これらはエラーが出ていたので,
それに合わせてインストールすれば問題ないはず.

基本的な使い方

パッケージ読み込みは次の通り.

from matplotlib2tikz import save as tikz_save

tikz ファイルは次のように生成する.

tikz_save('hoge.tex')

簡単な Python サンプル

本質的には matplotlib の使い方.
\(y=\sin x, y = \cos x\) を描いて,
scos.tex に保存する.

import matplotlib.pyplot as plt
import matplotlib2tikz.save as tikz_save
import numpy as np

x = np.linspace(-4.0, 4.0, 100)
y1 = np.cos(x)
y2 = np.sin(x)

plt.plot(x, y1, label = '$y=\cos x$')
plt.plot(x, y2, label = '$y=\sin x$')

plt.xlabel('$x$')
plt.ylabel('$y$')

plt.ylim(-1.0, 1.0)


plt.legend()


plt.grid()


tikz_save('scos.tex')

TeX で読み込んでコンパイル

scos.tex と同じディレクトリに次のような TeX ファイルを置く.

\documentclass[border=0.5pt,class=jsarticle,uplatex]{standalone}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage[utf8]{inputenc}
\usepackage{pgfplots}

\begin{document}
\input{scos.tex}
\end{document}

ふだん uplatex を使っているので,
その前提で修正を入れている.

次の野望

もっと Tikz で遊びたい.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。