2020-11-06 第 008 回 第 4 文の読解 アインシュタインの特殊相対性理論の原論文を多言語で読む会

この記事は7分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


YouTube 公開用: これを読んでいる方への注意・言い訳

これはコンテンツの原稿案であり,
私の勘違いや単純なミスを含めた間違いも含まれた文章・コンテンツです.
そのつもりで内容を眺めてください.

勉強会の最中や後で指摘を受けてオリジナルの原稿には修正を入れ続けますが,
多重管理が大変なのでこちらの記録自体はいちいち修正しません.
もちろん指摘は歓迎しますし,
個々の md に関して指摘された部分は修正します.

適当なタイミングでコンテンツ・サービスをリリースするので,
もしあなたが間違いを潰した (少ない) バージョンのコンテンツで勉強したいなら,
それを待ってください.

講義動画と関連リンク

はじめに

  • 吃音があり, 言葉は非常に聞き取りづらいと思うのでそのつもりで聞いてほしい.
  • 必要なら適当な手段で文章を書いて「話す」こともある.

今日の予定

  • 第 4 文の読解

進捗

  • 第 4 文の解説が終わり.
  • 次回: 第 4 文の文法の記述, 単語.

TODO

in motion, at rest の前置詞を大事に.
For の使い分け: 前置詞のときは後ろに名詞が来る, 接続詞なら文みたいな話も書いておく.
in the neighbourhood の the が面白い.
a energy などの冠詞はもっときちんと注目.
the parts とならない理由を追記.

今日のメモ

内容: コンテンツ (案) からの転記

備忘録

  • 各文の読解と文法解説をもっと綺麗にわける.
    • いまの「文法解説」は完全に読解に回してよさそう.
    • 文法は本当に「文法」にしたい.
  • どうわけるといいかを検討しつつ進める.

第 4 文

en.4

For if the magnet is in motion and the conductor at rest,
there arises in the neighbourhood of the magnet an electric field
with a certain definite energy,
producing a current at the places
where parts of the conductor are situated.

de.4

Bewegt sich nämlich der Magnet und ruht der Leiter,
so entsteht in der Umgebung des Magneten ein elektrisches Feld
von gewissem Energiewerte,
welches an den Orten,
wo sich Teile des Leiters befinden,
einen Strom erzeugt.

fr.4

(if and only if = si et seulement si)

Si par exemple l’aimant se déplace
et que le conducteur est au repos,
alors un champ électrique d’une certaine énergie apparaît
à proximité de l’aimant,
ce qui engendre un courant dans les parties
du champ où se trouve un conducteur.

courant courir
trouver = find

jp.4

というのも, もし磁石が運動状態にあって導体が静止しているとすると,
磁石の近傍にはある決まったエネルギーを持った電場が発生し,
導体の各点で電流が生じる.

解説

英語

For if the magnet is in motion and the conductor at rest,

訳文では文頭の for を「—というのも」という形で訳しています.
ここの for は接続詞です.
For とみたら前置詞と安易に判断してはいけません.
こういう基本的な単語こそ英英辞典でじっくり調べてみましょう.
前置詞はコアミーニングをもとに多彩な意味を持つので,
前置詞の意味・用法を調べるだけでも勉強になります.
ここの for は文章解釈上, 第 3 文の内容を詳しく説明していて,
for を文頭に置いてそれを明示しています.

引き続き magnet は磁石, conductor は導体で,
やはり冠詞は the です.
磁石が動いている (in motion) で,
導体が止まっている (at rest) 状態を仮定しています.
第 3 文で相対的な運動状態に依存すると言っているので,
実際に磁石を動かした状況を考えています.

Motion に対して前置詞 in,
rest に対して前置詞 at を使っています.
ふつう rest は休憩といった意味で使われます.
物理で静止 (状態) を表すのはこのふだんの意味と同じです.
ここは語と語の相性 (コロケーション) と思っても構いませんし,
熟語と思ってもいいでしょう.

there arises in the neighbourhood of the magnet an electric field with a certain definite energy,

there is a room
Is there
you are —
Are you —?

There arises はいわゆる there is 構文です.
このように be 動詞の代わりに違う動詞を使うことがあります.
特に数学では is の代わりに there exists をよく使います.
There is の is は存在するという意味で使われているので,
それを適切な言葉で明確にしているのです.
つまり, ここでは単に存在するだけではなく,
生み出された結果として存在するという意味で arise が使われています.
特に arise を「発生する」などと訳せばいいでしょう.

Neighbourhood はふつうの意味では「近所」のような意味で,
そこから「周囲」くらいの感覚で訳すといいでしょう.
ここでは数学的な言葉遣いである「近傍」と訳してみました.
In the neighbourhood of the magnet で「磁石のまわり」で,
there is に対応して存在する場所を指定しています.

An electric field with a certain definite energy
は全体として「ある一定のエネルギーを持つ電場」と訳します.
Electric は「電気の」という形容詞で,
field は物理の専門用語として「場」と訳し,
2 つでまとめて「電場」です.
高校の教科書だと電界と呼ばれているかもしれません.
実はこれは工学で使われる呼び方で,
物理では電場と呼びます.
そして with 以下は電場がどんな状態にあるかを説明しています.

Certain と definite は辞書を見ると同じような意味が出てきます.
実際英語で考えても意味の重なりがあります.
ここではあえて 2 語使われているので,
意味を重ねずに使い分けているはずです.
例えばそれぞれの意味を次のように考えればいいでしょう.

  • certain: どのくらいかはわからないがエネルギーが発生する (with) ことは確実である.
  • definite: 物理的な条件によって発生するエネルギーの量は確定している.

Definite は certain で存在が示唆された量の具体的な値について言及しているのです.
Definite は define と関係あることに注意すれば,
「状況を限定・制限すれば決まる」という意味で捉えるべきです.
単語編の certain と definite/define も確認してみてください.

Energy はいわゆるエネルギーです.
エネルギーはドイツ語読みで英語読みはエナジーです.
2019 年現在エナジードリンクという飲み物がありますが,
そのエナジーです.

producing a current at the places

Producing ではじまる副詞句の説明に入ります.
もちろん現在分詞による分詞構文です.

Current は電流で produce a current で「電流を発生させる」です.
Places は「場所」で,
at the places で電流が発生する場所を説明していて,
特にどんな場所なのか where による関係副詞で詳しく説明されています.

where parts of the conductor are situated

Parts are situated が本体で,
「部分が置かれている場所に電流が発生している」と訳します.

(TODO parts に the がつかないのは何故?)
the parts にしてしまうと導体の特定部位という意味になってしまう.

Situate は日本語化したシチュエーション (situation) のもとになった動詞です.
Situation は状況くらいの意味と思えば「置かれた状態 = 状況」と理解すればよく,
Be situated は「置かれている = —な状況にある」とでも訳せばいいでしょう.

また Parts が意味不明なので of the conductor という説明が入っています.
全体として「導体の各部位」とでも訳せます.

文構造・文法事項

英語

全体の文構造

全体の構造は次のようになっています.

  • (接続詞) For
  • there arises an electric field
    • with a certain definite energy
    • in the neighbourhood of the magnet
    • producing a current at the places
      • where parts of the conductor are situated
    • if the magnet is in motion and the conductor at rest

文頭の For は接続詞で,
前文を受けて「さきほどこう書いた理由は—」という意味で使われています.
If の条件節があった上で there arise (there is) 構文があり,
ある条件下で何かが出てくると言っています.
“, producing —” は分詞構文で状況を補足的に説明しています.
その分詞構文の中にさらに where ではじまる関係代名詞があり,
places を修飾しています.

初出なので electric field と energy には冠詞 a がついています.
Current も可算名詞で冠詞がつくのは面白い感覚のように思います.
実際 weblio には電流の意味だと一般には不可算名詞であり,
a direct current (直流) のように種類を表すときには可算名詞として扱うとあるので,
名詞の可算・非可算, そして冠詞の有無には英語の独特の感覚があります.

(TODO energy はふつう不可算名詞なのに冠詞があるのはどういう意図か?)

さらに副詞句として文全体に in the neighbourhood of the magnet がかかります.
何の neighbourhood (どこに電場ができるのか) かを示すために
of the magnet が使われています.

口語英語でこんな複雑な文章はまず出てきません.
理解できないからです.
文章の英語特有の複雑な構文です.
中身を詳しく見ていきましょう.

主節: For there arises an electric field with a certain definite energy

There arises — が主節です.
動詞はもちろん arises で主語は electric field です.
この field を with a certain definite energy
が修飾しています.
タイトルでは省略していますが,
electric field が存在する場所を指定するために
in the neighbourhood of the magnet があります.

念のためフルの文章も載せておきましょう.

  • For there arises in the neighbourhood of the magnet an electric field
    with a certain definite energy

Field は可算名詞なので冠詞 a がつきます.
電場の強さを測定することはあっても電場を数えるという感覚は日本語にないと思うので,
面白い感覚ではないでしょうか.
ただ, 電場の強さは電気力線の密度であり,
単位面積あたりで規格化しているとはいえ,
電場の強さの測定は電気力線の本数を数えることにあたります.
こう思うと可算名詞で電場を捉える気分もわからないでもありません.

producing a current at the places

この副詞句は分詞構文で意味上の主語は electric field です.
主語が何か判定する方法はいくつかありますが,
物理法則として電場の変化が電流 (いわゆる変位電流) を生むので,
そこからも主語が判断できることをコメントしておきましょう.

(TODO 文法的に主語を判断するにはどうすればいいか?)

初出の current は冠詞 a がついています.
At the places の the は where 節の内部の情報によって既知情報であるとわかっています.

(TODO the places で places がなぜ複数か?)

where parts of the conductor are situated

Where 節は関係副詞節として places を修飾していて,
中身は受動態です.
Where なので先行詞は場所であり,
ここでは素直に直前の places が先行詞だと思えばいいでしょう.

(TODO parts になぜ冠詞がつかない?)

if the magnet is in motion and the conductor at rest
  • if the magnet is in motion and the conductor at rest

If 節の中身は単純な SV の第 1 文型が and で 2 つ並んでいます.
読解のポイントを 1 つ挙げるとすると,
the conductor at rest では動詞 is が省略されていて,
正確には and the conductor is at rest です.

くどくはなりますが,
magnet と conductor には冠詞 the がついていることも注意しておきます.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。