TeXで数学的な転置の記法を取るときに$t$を適切な位置に置きたい

この記事は2分で読めます

このサイトは学部では早稲田で物理を, 修士では東大で数学を専攻し, 今も非アカデミックの立場で数学や物理と向き合っている一市民の奮闘の記録です. 運営者情報および運営理念についてはこちらをご覧ください.

中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!


結論

このツイートで教えて頂いた.
次のようなコマンドを定義すればいい.

\newcommand{\setSymbolUpLeft}[2]{{\vphantom{#1}}^{#2}{#1}}

これで次のように書くと (私の) 意図通りになる.

\setSymbolUpLeft{\circ}{\sum_{ k = 0 }^{ N - 1 } ...}
\setSymbolUpLeft{\circ}{\rbk{\exp \sqbk{\int_0^1 f(x) \dx}}}

応用

元素記号で左上に書きたいときにも使えるだろう.

疑問

それこそ化学で元素記号を書くとき左下につけたい場合が出てくる.
元素記号で下に伸ばす必要があるのかわからないが,
下に伸ばしたい場合はどうすればいいのだろうか?

イメージ画像

これは上記コマンド定義のもとで次のコードで作った.

\begin{align}
\text{嫌な出力: }&
{}^\circ \rbk{\exp \sqbk{\int_0^1 f(x) \dx}}. \\
\text{ほしい出力: }&
\setSymbolUpLeft{\circ}{\rbk{\exp \sqbk{\int_0^1 f(x) \dx}}}.
\end{align}

経緯

いろいろあって中村徹『超準解析と物理学』を読んでいた.

これで標準化写像としてまさに数学スタイルの転置のように左上に$\circ$をつけていた.
これをどう書けばふと気になった.
これまで転置の記号で困っていたこともあってツイートしてみたら教えてもらった.
ありがたい.

余談: 転置の記号

私は基本的に齋藤正彦『線型代数入門』で育った.
この本が左上つきの$t$で転置を表していたのでそれを使っている.

物理では右上に$T$を使うと思う.
このページでは次のような記号群が紹介されている.

\begin{align}
A^T \\
A^\mathrm{T} \\
A^\mathsf{T} \\
A^\intercal \\
A^\top
\end{align}

行列の転置を書きたくなるたいていの数学の文脈でかぶらない記号は$\top$だろう.
ただ明らかに他の用途がある記号を流用するのも気持ち悪い.
私の観測範囲ではサンセリフ体は使う機会は圏の記号くらいで比較的少なく,
私の用途からすると, 転置を右上つきにするならサンセリフ体にするだろうか.

私は現代数学探険隊といった数学コンテンツを作っている.
ここでまさに上のような転置の記号がいい感じに表示されない問題に出会い,
一時期転置の記号を書き換えることも検討していた.
ただ, 大量にある上, 微妙な調整が必要になるから面倒だと思っていたところで,
今回いい感じに表示されている事例を見つけたので虚空に向かって質問したら即解決したという話.


中高の数学の復習から専門的な数学・物理までいろいろな情報を発信しています.
中高数学に関しては自然を再現しよう役に立つ中高数学 中高数学お散歩コース
大学数学に関しては現代数学観光ツアーなどの無料の通信講座があります.
その他にも無料の通信講座はこちらのページにまとまっています.
ご興味のある方はぜひお気軽にご登録ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

数学・物理の情報を中心にアカデミックな話題を発信しています。詳しいプロフィールはこちらから。通信講座を中心に数学や物理を独学しやすい環境づくりを目指して日々活動しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

YouTube チャンネル登録

講義など動画を使った形式の方が良いコンテンツは動画にしています。ぜひチャンネル登録を!

メルマガ登録

メルマガ登録ページからご登録ください。 数学・物理の専門的な情報と大学受験向けのメルマガの 2 種類があります。

役に立つ・面白い記事があればクリックを!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。